カテゴリ:金沢、2014( 6 )

金沢の旅しめくくり

昨日、金沢のおでん特集の番組(?)を見て、金沢の記事が途中で止まっていることを思い出しました。
さくっと書いていこうと思います。

金沢でどうしても行きたかったスポットの一つは、石川県立博物館の中にありました。
せっかく行くのだし、九谷焼のお店の人に聞いて、ここの常設展示の古九谷を是非見てみたくなりました。

b0263744_11141033.jpg

博物館の中はもちろん撮影禁止なので、下の写真は博物館のHPから拝借しましたの。
こちらがいちばんお気に入りの作品、色絵鶴かるた文平鉢。
九谷焼ってこういうビビッドな色遣いのイメージです。
17世紀だったか、江戸時代の作品だけど、トランプと同じ柄が使われているのが不思議かつおしゃれ。

b0263744_12364009.jpg

こちらは、色絵鳳凰図平鉢。
いずれもかなり大きなもので、近くで見るとなかなかダイナミックです。

b0263744_12364927.jpg

これらをモチーフにした九谷焼のフリーカップを見つけ、どうしても欲しくなってお買い上げ。
東京の雑貨屋で見たことがあるので、わざわざ金沢で買わなくても。と思っていたのだけれど、博物館でモチーフになった本物を見たら、我慢できませんでした。
旅先で手に入れたものは、その旅の思い出が染みつきますからね~それでいいんです。

b0263744_12293446.jpg

古九谷鑑賞に満足した後は、当初の目的のお店へ。
博物館に併設されている、ル・ミュゼ・ド・アッシュ。
パティシエの辻口博啓さんのお店です。
あの方が石川県出身だから、ここにあるのでしょうか。

b0263744_11264844.jpg

お目当ては目の前で焙じてくれる焙じ茶、それに合わせていただけるというスイーツだったのですが、どうやらそれは時間がかかるもののようで。
ラストオーダーが他のメニューより早かったため、いただけませんでした…orz
そういう大事な情報は書いておいてほしかった、タビハナよ。
気を取り直して、ケーキとお茶をいただくことに。

b0263744_12180858.jpg

オペラ・マンダリンというケーキをチョイス。
これが予想を超えて美味しくて、「!!!!!」と脳内で悶絶しておりました。
マンダリンというほどオレンジの風味は主張せず、マカロン以外は王道のオペラの味わいなのだけれど、チョコレートの味わいと舌に溶ける滑らかさが素晴らしすぎました。
あー東京に持って帰りたい!でも生ケーキは無理!と脳内一人会議して、地団太踏む思いでした。
これってモンサンクレール行けば同じようなのあるのかしらん?

米粉のバームクーヘンをおまけに付けてくださいました。
が、オペラ・マンダリンの美味しさが際立ちすぎて、印象にない。

b0263744_12312523.jpg

お茶はオリジナルのブレンドだったと思いますが、名前を完全に忘れていますね。
希望とか夢とか、そういう抽象的なものを表すフランス語の名前だったと思いますが、これが加賀棒茶にレモンの香りをつけたフレーバードティー。
オペラ・マンダリンと、柑橘系同士なら相性がいいかなとチョイス。
日本茶にフルーツのフレーバーをつける方式がおちゃらかさんぽいけれど、フランスと石川県の融合って辻口さんならでは。という感じがします。

正直言うと、普通の加賀棒茶のほうがやっぱり美味しいわあ❤と思うのですが、ケーキと一緒にいただけるように。という挑戦が素晴らしいなと思いました。
美味しい加賀棒茶を買って帰りましたけれど、なかなか洋菓子と一緒にいただこうという気には、今のところなっていませんものね。

辻口さんはベトナム北部のソンラ省という場所に、辻口茶園というやぶきた種の茶園を持っているので、そのお茶もいただいてみたい。
b0263744_11205231.jpg

もう思い残すことないわ。これであとは美味しい夕ご飯を食べて、金沢土産を買えば、心置きなく帰れるわ。
とすっかり満足し(でもまだ食べたり買ったりしようとしているのね)、石川県立博物館を去ったのでした。

その後は飽きもせず焼き物のお店を冷やかし、雨だしバスの本数に不安があったため、早めに金沢駅に行き、東京行きの夜行バスに乗るまで駅で過ごすことに。
雨の中、なかなかやって来ないバスにイライラしつつも、駅に到着。

家族にお土産らしいお土産を買っていなかったので、東京から着いた時に少しだけ見た駅ビルデパートの、金沢の名産品売り場みたいなコーナーに直行。
そしたら金沢駅ったら、8時だかそんな時間で、もう店がほとんどシャッターを閉めかけていた。
白江龍三の駅のデザインがあまりにすごすぎて、東京駅と同じく9時ぐらいまで店が開いてると思ってましたよ…
ひとまず半分シャッターが開いていたお店に飛び込み、2秒で五郎島金時を使ったお菓子を選び、どうにかゲット。
危うく家族へのお土産が東茶屋街で買ったスプレー式醤油だけになるところでした。(醤油も美味しいけどね)

ほっと胸をなでおろし、後は夕ご飯だね!とレストランフロアへ。
隠れ金沢名物、おでんのお店を発見♫ 駅ナカのおでんの店として、昨日の番組に登場していたお店です。
ここでおでんよりも心惹かれるメニューを発見してしまい、絶対この店で食べるしかない!と意気込んで入っていったのでした。
しかし満席のため、しばらくお店の前の休憩スペースみたいなところで待つことに。

この休憩スペースの展示に、心惹かれるものを発見。
多分若手の作家さんが作ったと思われる、九谷焼のオブジェたち。
す、素敵…❤

b0263744_11231377.jpg

どれもこれも素敵なんだけれど、バナナに顔が乗ったやつとか、目が釘づけ。
ふざけてます?と聞きたくなるほどの遊び心に、私のハートは完全にノックアウトされた。
怖くもあり、可愛くもあり。
九谷焼にはこういう世界も広がっているんですね~
これが売り物なのかわからなかったし、売り物だとしても店は閉まっているし安くはないだろうしで、諦めるしかなかったが。

b0263744_11332433.jpg

今年の干支も色々いて。
かなり長いこと見つめていましたが、まったく飽きることがありませんでした。
出来ることなら、どれか一つ、持って帰りたかったなあ~

b0263744_11354927.jpg

そうこうしているうちに席が空き、お店の人に呼ばれる。
お酒がそんなに飲めないしビビりだしで、お酒を飲むようなお店に一人で入ることは普段まったくないのですが。
ここはとても雰囲気が良くて、ご飯が目的の女一人でも、入りやすかった。

そして、私が金沢名物おでん以上に心惹かれた、加賀棒茶の茶飯定食が登場。

b0263744_11080442.jpg

テレビでは、かに面とか梅貝とか、見たこともないおでん種が次々登場し、びっくりしました。
私がいただいた定食のおでんは、大根、つみれ、さつま揚げみたいなの、ときわめてオーソドックスでしたけれど。
石川ならではのおでん種あれこれは、単品としてメニューに載っていたのかもしれないけど、知らなかったので頼んでいません。
あの、蟹一杯丸々使ったかに面は、おでん史上もっとも贅沢な種ではないでしょうかね~
ちなみに玉子が入っていなかったので、どうしてもおでんで玉子だけは外せない私は、追加で頼みたかったのですが、売り切れでした…(泣

加賀棒茶の茶飯、とても上品で優しいお味でした。
紅茶の茶飯は自分でも何度か作ったことがあるし、静岡で緑茶の茶飯もいただいたことがありますが、今まで食べた茶飯のなかで、最も淡い色と優しく控えめな風味でした。
加賀棒茶の優しいDNAが、ご飯になっても受け継がれているな~

b0263744_11452151.jpg

金沢の人は優しいな、ってこの旅の中で何度か感じたのだけれど、このお店でもそうでした。
お客さん沢山いたけれど、カウンターの一人客にもしっかり目を配ってくれていて、食べ方を丁寧に教えてくれたりとか。
東京で一人では絶対に入れないようなこういうお店にも何の迷いもなく入れたのは、今自分で思い返しても不思議なぐらいですが、そういう雰囲気が表まで現れていたからだと思う。

最後までお茶を堪能した金沢の旅、2日間しかいなかったにも関わらず、とても印象深い思い出となりました。
いいわよね~、金沢。
また行きたい❤

b0263744_11485301.jpg



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



やっと書き終わった~さくっと書くつもりが、長くなりました。もう夜11時だし。
リアルタイムで、ミスドでカフェオレ3杯飲みながら書いていましたよ。
あー加賀棒茶飲みたい!
帰って飲もう。そしてドラクエの続きやろっと♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2015-01-17 22:57 | 金沢、2014 | Trackback | Comments(0)

遅ればせながら、地紅茶サミットinお茶のまち金沢

金沢の旅2日目。
兼六園散策の後は、いよいよ地紅茶サミットへ。
しいのき迎賓館という建物の前、しいのき緑地にテントが並んでいます。

b0263744_15093030.jpg

前売り券1,000円、当日券1,000円。
東京でチケット買って行きましたけど、もうね、前売り券なんて全然いりませんでしたね。
お金を支払うと、九谷焼の素敵なカップと焼き菓子がいただけます。
このカップで試飲するのだけど、柄が数種類あって、好きなの選べました。可愛い~♬
クッキーは地元の高校生たちが作ったみたいです。
こういうの、嬉しいですね❤

b0263744_15170169.jpg

テントの下では、日本全国の茶産地から集まった20種もの和紅茶が試飲できました。
和紅茶があちこちで作られていることは知っていたし、見たことのある銘柄のもありましたが。
初めて知り、初めて味わう紅茶が沢山ありすぎて、もう興奮状態。

人気のあるお茶はさっさとなくなってしまい、次のが出来るまで待ったりしましたが。
どれだけ待ってもタイミングが合わなかった1つを除き、19種類はいただきました。
特に美味しかったものや、味をもう一度確かめたいものは2杯以上いただいたので、お腹も苦しくなってきます…

紅茶が産地によって特徴が変わるのはわかっているつもりでしたが、日本で作られる紅茶というものを和紅茶を飲んだことのない人たちに総合的に説明するには、一体どう言ったらいいのだろう?
というほど、それぞれ独自の味わいがありました。
中には、ラプサンスーチョンと同じく正露丸的香りをまとう紅茶まであり、びっくり。

b0263744_15201717.jpg

試飲してお気に召した紅茶は、茶葉を買うことができます。
なかなか手に入らない和紅茶が一堂に揃い、みなさま気に入ったものはここぞとばかりにお買い上げ。
まず買う前に味を知りたい。と思って試飲してから戻ったら、すでに売り切れ。なんていうものもありました。

もちろん、加賀の紅茶をお買い上げ。
地紅茶サミットでのみ、普段の10%引きでした。嬉しい♬
他にも、特別美味しかった産地のものを一つ、買って帰りました。

b0263744_15315396.jpg

和紅茶だけでなく、和紅茶に合いそうな素敵なお菓子たちも売られていました。
こちらは紅茶は売っていない、焼き菓子専門店。
私もスコーンとパウンドケーキをお買い上げ。

スコーンはローズとデーツという、他ではお目にかかれない組み合わせでした。
デーツはそのままいただくのも大好きなんです。
エジプト産のものをよく食べるので、だから駱駝がいるんですね~。
と言ったら、エジプトではなく中東がテーマなのですって。

b0263744_15284396.jpg

紅茶生産者の方が、自らの紅茶を使ったお菓子の販売もしており、私は狭山紅茶の羊羹を買いました。
この狭山紅茶が正露丸的香りを発する紅茶なのです。
羊羹、まだいただいてませんの…いただくの、ドキドキワクワクですね。

「兼六園で朝食を」でたっぷり美味しい朝ごはんをいただいたので、昼をけっこう過ぎていたとはいえ、あまりお腹が空かず。
かといってお昼抜きなのもアレかしら、と思っていたら、ちょうど良い感じのワゴン販売のサンドイッチが。
ランプレドットパニーニという、フィレンツェでよく食べられているサンドイッチみたいです。

サンドする具を3種類から選べたのですが、迷うことなく惹きつけられたのは、これ。
「紅茶の燻製チキンブレスト ~ブラッドオレンジと紅茶風味のソース~」❤

b0263744_15365565.jpg

鶏胸肉をアールグレイでスモークしたものに、ブラッドオレンジ、赤ワイン、セイロンティーでソースを作ったそう。
金沢市内のイタリアンレストランが、この日限定で考えたメニューみたいです。
紅茶感はそれほど強くないのだけれど、しっかりしたスモークチキンの味わいとパンの美味しさに、大満足でした❤

b0263744_15344016.jpg

サンドイッチに合わせて試飲コーナーからいただいてきたのは、もうこれ以外のものにしたら?と自分で突っ込みたくなったけど、加賀の紅茶。
この色、好きだわ。
加賀の紅茶のほんのりと奥のほうから感じる甘い味わい、この色を見ると思い出しますね。

b0263744_16101765.jpg

運が良いのか悪いのか、試飲と軽いランチが済み、焼き菓子も買って一通り満足したら、見事に暴風雨が訪れました…
すぐ近くで金沢のスイーツフェスティバル?だか何かをやっていて、沢山のスイーツショップが出店していて。
どうしよう~、ケーキ買っちゃおうかな~などと、ワクワク悩みながら見ている最中にあの暴風雨。
洋生菓子を、たとえ短い距離でも持ち歩き、壁のないテントの下で食べる気にはなりませんでした。

で、びしょ濡れになりながら、慌ててしいのき迎賓館に避難。(傘を差してもびしょ濡れ)
こちらのロビーでは、「加賀の紅茶の茶会」という地紅茶サミットのイベントをやっていました。

b0263744_15490090.jpg

東京で前売りを買っていこうと思っていたら、のんびりしているうちに前売り期間が終了したみたいで。
諦めていたら、金沢市内のお茶屋さんで、前日手に入りました。
これもまた、前売り券必要と書いてありつつ不要になったかもしれないけど。

緋毛氈でいただく加賀の紅茶、風情がありますね~
先生がお点前を見せてくださるのですが、あまりに美しい方で、見惚れてました。
所作とかお着物とか、視覚的に美しくて、頭からっぽになっていました。
ちゃんとどのように淹れているのか、頭に入れて見ておくべきでした。
(自分が座る前までベテランぽい別の方がやっていらしたのに、急にミス金沢みたいな人出てくるんだもの)

b0263744_15570383.jpg

東京に戻って自分でいれても、金沢でいただいたのと味が違うのですよね…水が違うせいか、お湯の温度のせいか?
私は普通に紅茶をいれる時と同じく沸騰したてのお湯を使っていれたけれど、日本茶と同じ品種から作られた紅茶の場合は、少し温度を下げるべきでしょうか。

そしてこのお点前は何も説明がなく、たったの一言も発することないまま、5分ほどでイベント終了。
えっ、終わり!?とびっくり。
目の前でいれたから、後は勝手にお茶とお菓子召し上がってね。ということでした。
これであのお値段は、ちょっと。と思いましたが、先生の美しさの料金ですね、それなら納得(え
ああ、美しさに見とれていないで、そして紅茶とお菓子に舌鼓ばかり打っていないで、自分から質問して、しっかり聞いてくるべきだった…

b0263744_15524039.jpg

先ほど試飲でいただいたのや、21世紀美術館でいただいたのと同じ加賀の紅茶と思えないほどの、水色の違い。
雰囲気のせいか、器のせいか、光の加減のせいか。
はたまた、明らかにお湯が沸かしたてではなく、置いてあったやかんから注がれたもののせいか…

和菓子、可愛くて美味しかった♪
b0263744_15550904.jpg

暴風雨がおさまりそうにないので、しいのき迎賓館の中の美術展を見たり、金沢の名産品が並んだショップを見たり、椅子に座って金沢城公園の大きな石垣を眺めたりしていました。

しいのき迎賓館にはポール・ボキューズのレストランとカフェレストランが入っていて、2階のレストランではウエディングパーティーが行われていた模様。
こんなところでゆったりするのもいいですね。

b0263744_16145740.jpg

この後、風雨の荒れ具合はしばらくおさまりませんでした。
写真ではわかりづらいけれど、この状況で飲んだり食べたりしなくてすんで、本当に良かった…

b0263744_15402347.jpg

しいのき迎賓館のショップでも街中のお店でもそうですが、九谷焼を見ていたら、もっと九谷焼について色々知りたい気持ちが湧いてきて。
お店の方に、どこか金沢市内で九谷焼について知ることが出来る場所ないですか。と聞いたら、本当は産地に行くのが良いけれど、金沢だったら石川県立美術館に少しだけど、古九谷などありますよ。ということでした。

ちょうど石川県立美術館には、絶対に行きたい!と思っていたお店があるので、もうこれは行くしかありません。
さっそく、雨の中に飛び出して、次なる目的地へ向かったのです。

が、バスが。
1日乗車券を買ったのに、暴風雨のせいかもともと本数が少ないせいか、まったく来ない観光周遊バスを待ち続けて悲しくなり、近くの甘味処に避難。
気持ちと天気が落ち着いてから美術館へ向かったのであった…徒歩で。

b0263744_16050097.jpg



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



地紅茶サミットを訪れて、今までスリランカ、インド、ネパールの紅茶畑を歩きましたが、日本の茶畑と茶づくりの現場を見てみたくなりました。
研修で静岡にて茶畑を見て、製茶体験をしたはずですが、季節が悪すぎて出来上がったお茶も残念すぎたため、自分の中ではなかったことになっている…orz
自分が初めて摘んで作ったお茶が、思い出せる限り最も美味しくなかったお茶だなんて、トラウマ以外の何ものでもありません。

同じくトラウマありつつも、日々どうにかやっています。という方は、共感のクリックをどうぞ♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2014-11-23 16:27 | 金沢、2014 | Trackback | Comments(0)

兼六園で朝食を

もはや記憶が薄れつつあって、インド旅行記といい勝負で書くのが難儀してきた、金沢旅行記の続きです。
他に書きたいネタもたまっておりますし、サクサク行きましょう。

さて、金沢2日目は、朝から兼六園へ観光に出かけました。
東京で兼六園の情報を調べていた時、私が思い切り食いついたのが、「兼六園で朝食を」という素敵すぎるイベント。
普段は朝ごはんをやっていない兼六園の茶店で、期間限定の限られた日のみ、美味しい朝食がいただけるのです。

というわけで、兼六園散策の前にウッキウキで出かけたのは、城山亭さん。

b0263744_15372914.jpg

お店それぞれで独自のメニューを出しているのですが、私は絶対ここにすると、東京にいる時から熱い思いで決めていました。
メインは金沢の郷土料理、鶏の治部煮。
季節の野菜の酢の物、煮豆、漬物、味付け海苔、お味噌汁。
白く輝くごはんは石川県産コシヒカリ。
そして私がこのお店をチョイスした決め手、オリジナル加賀棒茶ゼリー。

b0263744_15345801.jpg

鶏の治部煮は、庶民の加賀料理。
季節の野菜と生麩、鶏肉にとろみをつけて煮込んだ料理で、石田三成が好んで食したそう。
わさびを溶かして召し上がれ、と食べ方を教えていただきました。

これが、もう、叫びたくなるほど美味し~!!!!!
とても上品なやさし~い味で、とろみが効いててたまらない。
あの美味しさをどう伝えていいかわかりません。
私は東京に帰ってからも数日、治部煮のことを思い出し、クックバッドでレシピを調べて、作ろ。もう絶対作ろ。と地味な情熱を燃やしていたほどです。

そして贅沢に、金箔が。
この金箔をなんとしてもこぼさないよう、全部体内に取り入れるべく、必死の努力しましたのよ。

b0263744_15401473.jpg

加賀棒茶のゼリー。
石川県でお茶といえば加賀棒茶、というイメージですが、意外にも加賀棒茶を使ったお菓子は、あまり目にしませんでした。
「兼六園で朝食を」に参加しているお店では、唯一城山亭さんだけが、加賀棒茶を使ったお菓子を出していたのです。

口にした瞬間は、あっさりしていて物足りなく感じ、一緒に使われている餡子に頼りたくなるんだけれど。
口の中で噛みしめ、つるりと喉を通った時の、加賀棒茶の爽やかさと馥郁とした味わい。
お、美味しい…❤ってなりました。
この味わいが口に広がると、むしろ、餡子いらないかも。と思うぐらいでした。

そして女性に嬉しい金箔がここにも。
金沢には金箔ショップ、あちこちありました。金箔入り化粧品とか、思わず買って帰った。

b0263744_15421651.jpg

こんなに大満足な朝ごはんを旅でいただけたのはいつ以来だろう?と思ったほど、幸せすぎる朝ごはんでした。
すっかりお腹と気持ちが満たされ、幸せ気分で兼六園へ。

ちゃんと解説を読むと、園内に色々な見どころがあるのですが、面倒なので気分が向くまま適当に歩きました。
高校の卒業旅行で同級生たちと来たはずが、もうすべて忘れていましたね。
若かった自分にはわからなかったこの場所の素晴らしさに、大人になった自分はすっかり魅了されました。

解説とか、もう面倒なので、では、写真をたっぷりお楽しみください。

b0263744_15572603.jpg

訪れた前日、11月1日から雪吊りが始まっていました。
雪景色の時に来られたら、それもまた素敵だろうな。

b0263744_16102289.jpg

お庭は意外とコンパクトでしたが、葉がところどころ赤く色づいていて。
どこを見ても美しかった。

b0263744_15485352.jpg

地面の苔みたいなの、何だろう?
可愛らしく、緑のじゅうたんみたいでした。

b0263744_16003635.jpg

何本か、びっくりするほど大きな松がありました。
樹齢何年だろう?

自分で自分を支えられないほどの大きさ。
あまりに大きくて、なんだか人格があるような感じ、会話ができそうな感じさえした。
この大きな松を見ていたら、キャンディ郊外のペラデニア植物園で出会った大ジャワビンローを思い出しました。

b0263744_16063196.jpg

兼六園にはあちこちに水の流れがあって、どこの水もびっくりするほど澄んでいる。
せせらぎフェチにはたまらない環境ですよ。
流れに手を浸すと、気持ち良いほど冷たかった。
あめんぼを久しぶりに見ました。

b0263744_16210988.jpg

赤い落ち葉を踏みながら、木々に囲まれて歩くのがこんなに気持ち良かったとは。
本当は、この後の地紅茶サミットをたっぷり楽しみたくてさっさと見るつもりが、午前中いっぱいはまってしまった。

b0263744_16142994.jpg

この後、暴風雨になっちゃったんですよ。
金沢にいた2日間、雨がふったりやんだりでお天気に恵まれなくて。
でも、この場所を楽しんでいる時は雨が降らず、とても気持ち良い空だったの。
神様の粋なはからいだと思っています。

b0263744_16035981.jpg

翌3日、文化の日は石川県民に無料公開されたみたいですよ。
いいなあ。

私は便利な東京が好きで、日本のほかの場所で暮らしたいと思うのは京都ぐらいですけれど。
金沢で暮らすのもいいだろうなあ、と思ったりしました。
美しい街だなあ、とこんな景色を見ると、心から感じます。

美味しい紅茶のお店が、金沢には1店舗もないのが残念だけれどね…

b0263744_15510922.jpg




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



地紅茶サミットの話は、やっと次に出てきそうですね。書く気力があれば。
頑張れ私、さっさと書こう!
そして、読んで下さる皆様の応援クリックが、私の書く気スイッチオンにとても有効なのですよ♬

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

[PR]
by bestdropteaclub | 2014-11-15 19:04 | 金沢、2014 | Trackback | Comments(0)

加賀の紅茶のんでみまっし@金沢21世紀美術館

金沢で、地紅茶サミットのほかに一番楽しみにしていたのは、ここに来ること。
金沢21世紀美術館。
2004年にオープンした、日本有数の人気を誇るモダンアートの美術館です。
建物自体もアートと言えるこの円形の美術館は、プリツカー賞も受賞している人気建築ユニット、SANAAの設計。

b0263744_20305578.jpg

この美術館の素晴らしいところは、かなりのスペースが一般に無料開放されていて、公園のように誰でも自由に入れること。
庭にもアートなオブジェがあって、見るだけでなく中に入ったり座ったりすることもできます。

こちらはマイケル・リンの「市民ギャラリー」。
空間はどこも広々、ゆったり。

左のガラス窓からは、ヤン・ファーブル作「雲を測る男」が見えます。
b0263744_19165075.jpg

期間限定で、「見立て」の実験室という展示をやっていました。
切株の中に水が張ってあり、上から水滴が落ちてくると、水紋が年輪のように見えるアート。
書いておいてなんですが、こういうの、解説するとすごくつまらないことになっちゃいますね。
実際に自分で見て、あ、こういうこと!と気づいたり感じたりするのが楽しいです。

b0263744_20220427.jpg

こういう、水っぽいものにとても心惹かれる私。
カポーが座っている椅子もアートっぽく、うさぎの形で、可愛いったらありゃしません♬
むずかしい芸術も良いけれど、こういうシンプルで解説不要なものって、否応なしにひきつけられます。

b0263744_20490096.jpg

アルゼンチンのレアンドロ・エルリッヒ作「スイミングプール」。
屋内にあるけれど、雨が降るとこの空間に入れません。
初日に訪れたときは、雨のためドアを開けてもらえなかったので、次の日また出直してきました。
そうまでしても見たかった、おそらくこの美術館で一番人気の作品。
プールの中を覗くと何があるのか…
それは、行ってみた人だけのお楽しみ♪

b0263744_20255566.jpg

地下の有料スペースには入りませんでしたが、一般開放されている場所だけでも、かなり楽しめました。
この時の有料展示は、アントニ・ガウディ×井上雄彦でした。
この展示は全国巡回しているのかな、東京でもやっていた気がしますね。

美術を心ゆくまで堪能した後は、美術館のカフェレストランへ。
実は、ここでお茶をいただくのが、美術以上の目的でした。

b0263744_18575837.jpg

美術館の雰囲気そのままの空間でいただくのは、加賀の紅茶と石川県産の素材を使ったお菓子たち。
石川県の魅力がた~っぷりつまった「加賀の紅茶 のんでみまっしプレート」。

石川県産の紅茶は打越製茶場で作られており、「加賀の紅茶」というそのものずばりのネーミング。
やぶきたを使っています。

b0263744_19282076.jpg

五郎島金時のタルト、コシヒカリ米粉のガレット、レンコンのサブレ。
タルトは五郎島金時が惜しげもなく使われていて、ずっしりと食べ応えがあります。
米粉のガレットはザクザクと歯ごたえも楽しく。
レンコンのサブレなんてはじめていただきましたが、レンコンてこんなに美味しいスイーツになるの!ってびっくり。

どれもこれも、この土地の素材そのものが良いんだな。
本当に美味しくて、特にレンコンのサブレは持ち帰り用に販売していないのか聞いてしまったほど。
お土産用のものはありませんでした、んー残念。

b0263744_19303842.jpg

石川県産の素材をふんだんに使ったお菓子たちに、加賀の紅茶は本当によく合います。
正直、今まで国産紅茶を本当に美味しいと感じたのは、一度しかありません。
どんなに頑張っても結局、洋菓子に合わせてもしっくりするぐらい美味しいと感じたのは、屋久島産のものだけでした。

が、加賀の紅茶は予想以上に美味しかった。
甘みがあるのに国産らしい軽さもあって、すごく飲みやすいです。
味のしっかりした加賀野菜のお菓子たちに合わせても、負けない味わいがあります。

b0263744_19202814.jpg

紅茶の日にいただいた、記念すべきメニューとなりました。
味覚的にも視覚的にも、石川県をたっぷり体験した一日。
いやー、奥が深いわ、金沢。

b0263744_20360512.jpg



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



自分で書いておいてなんですが、書きながら加賀の紅茶が飲みたくて仕方なかったです。
ようやく書き終えたので、ナイトティー&書き終わったご褒美に、今からさっそくいれてきます!
読者の方々からのご褒美は、下のバナーに応援のクリックをしていただくことですのよ♬


[PR]
by bestdropteaclub | 2014-11-08 22:55 | 金沢、2014 | Trackback | Comments(2)

近江町市場

金沢一日目は紅茶サミットのチケットがなかったので、まずは金沢観光。
ですが、翌日に行ったら前売券が必要と書いてあったイベントでさえ、普通に当日券がありました。
その時の気分や天気などを考えて行動したい私は、前売りより当日券のがありがたいので、買わないで行けたらそうしたかったなあ。

ひとまず、最初に向かったのは、近江町市場!

高校の卒業旅行で一度、金沢に来たことがあったのですが、多分ここには来ていないと思う(昔すぎて、ほぼ思い出せず)。
子供だった私たちは、地物の新鮮な魚を食べようなんて、まったく考えもしなかった。
大人になってからわかる楽しみが、歴史のある町には多いものです。

紅茶メインの旅だしさらっと流そうとしたのですが、色彩と活気に溢れた空気、若かった頃に味わわなかった味覚に触れたく、気づいたら結構長いことここにいてしまった。

b0263744_01312321.jpg

ランチは、絶対にここで海鮮をいただくぞ…と地味な情熱を燃やしつつ、でもジャーマンベーカリーでモーニングいただいたばかりなので、そんなにお腹が空かない。
ただでさえ、旅の間は普段より食欲が落ちるのです。こう見えて。

でも金沢に来て魚を食べなかった18歳の時のリベンジがしたい…という一心で、ぐるぐるぐるぐる市場を回遊魚のようにウロウロしながら、お土産を物色したりこの後いただくランチのお店の目星をつけたりしてた。

b0263744_01333719.jpg

海の底とか、水族館とかで、生きている魚が泳ぎまわるのを見るのが好きだけど。
でも泳いでいなくても、新鮮な魚の色ってすごいな、って素直に思った。
鏡に映る自分の姿より、死んで並んでいるノドグロのほうが、よほど精彩を放っているんじゃないか?と、目が離せなくなる。

b0263744_01411948.jpg

肉と魚が並んでいたら、ほぼ肉を選ぶ私ですが。
食べたいとかいう欲求とは別のなにかに熱中させられて、食い入るように魚たちを見ていた。
静物画のモチーフに、花や果物と並んで魚が描かれているのを不思議に思ったりしたことがあるけれど、こうして見ると、画家が魚を描きたくなる気持ちがわかる気がした。

b0263744_02041689.jpg

小さいのや、ぬめっとしたのや、えらく迫力のあるのや、色んなのがいたけれど。
全部に共通していたのは、生きているものより強く放たれる、生命の色。

牡蠣は実は、苦手です…
好きな人にはこの山、たまらないんだろうな~

b0263744_02100907.jpg

蟹は、まだブクブクと泡を吹いているのがいた。
成仏しておくれ。
そして、誰かの血となり肉となって生きるのだよ。

b0263744_02281493.jpg

海鮮のほかにも、市場には食べ歩きに良さそうなものがいっぱいあって、見ているだけで楽しくなってくる。
と言いたいし実際楽しかったのだが、私の胃袋はこの時、まったく食べ物を受け付けてくれなかった。
コロッケとか、美味しそうでしたよ~
タコが入ったコロッケなんて、はじめて見ましたよ。どんなお味なんだろう。
ああ食欲さえあれば…orz

b0263744_02073801.jpg

魚介同様に素晴らしかったのは、加賀野菜。
石川県てこんなに豊かなのか!という驚きが、野菜を見て強く感じたことでした。
見たこともない色とりどりの野菜が、美しく豊富に並んでいて。
親戚が農家をやっている知人の話だと、野菜は大きかったら美味しくない、小さく育ててそこに美味しさを凝縮するものなんだ、っていうことだけど。
そう言われても、こうまで色も形も美しいと、美味しそうにしか見えない。
マダムが買っていたしいたけなんて、見たこともないような大きさで目が点になりましたけど、絶対美味しいと思う。

b0263744_01361857.jpg

石川県の名産品、五郎島金時。
形や大きさの違いで、こんなにもきっちり分類されるんですね~

東京って、高いお金を出して豊かな地方の残り物を回してもらっているのかしら~なんて、切ないことを感じてしまった。
普通は、品質の良いものは真っ先に都会に出荷して高く売る、というシステムかと思っていたけど、違うんじゃないこれ。と思った。
東京のどんな高級デパートよりも、圧倒的に豊かさを感じましたもの。
あるいは私が日ごろ買い物しているお店が、貧弱なだけでしょうか…

b0263744_01442796.jpg

長時間うろうろしてどうにか食欲を取り戻し、でも沢山は無理っぽかったので、松竹梅の竹ぐらいの海鮮丼をいただく。
食べ出したら、もっといけたなあ。と思った。
お昼時になって、大層な行列とか出来てましたけど、正直観光客向けの味かな?
地元の、本当に美味しいものを知っている人たちは来なさそう、という予想。
でも目的は果たしたから、大満足♬

b0263744_01552761.jpg

そして海鮮以外のお目当て、砂糖不使用の可愛いジャムを、この市場でゲットしたのでした。
この後まだまだ観光だけど、ジャムとか沢山買ったらそれなりにずっしり。でも後悔はしたくない。
ということで、根性出して。
無事持って帰ったジャムたちを見たら、嬉しくて顔がにやつくので、努力の甲斐があったなと思えます。

b0263744_01495660.jpg

次に訪れる日が来たら、その時は絶対にノドグロとコロッケ食べよう。
やり残したことがあるほうが、また行ける場所になる、きっと。

b0263744_01594839.jpg




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



というわけで、今回紅茶のお話まったくなし。
近江町市場、さらっと書いて次のお茶スポットのことを書くつもりが、はまってしまった。
楽しいですよね、市場って。
久々に築地に足を運んでみようかという気になりました。
私も市場大好き!という方は、下のバナーに共感のクリックをどうぞ♫

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

[PR]
by bestdropteaclub | 2014-11-06 07:11 | 金沢、2014 | Trackback | Comments(0)

金沢、地紅茶サミットへの旅

11月1日は紅茶の日、であると同時に3連休の初日でもありました。
あちこちで紅茶イベントがあったかと思うのですが、私が行こう!と決めたのは、第十三回地紅茶サミット。
全国の国産紅茶の生産者などが集い、地紅茶のPRとともに情報交換など交流を深めることを目的に、2002年から年に一度開かれているのです。
毎年開催地が変わり、今年はお茶のまち金沢で行われました。

3連休、どこか旅に出たい。という気持ちと、美味しい紅茶をいただきたい。という気持ち。
私の二大欲求を満たす、まさにうってつけのイベントでした。

b0263744_20571332.jpg

10月31日、23時10分発の夜行バスで東京を出発し、翌朝7時40分ごろ金沢駅に到着。
駅の建物、写真で見て知ってはいたのですが、驚きました。
ガラス張りの建物は「もてなしドーム」。
白江龍三設計、アメリカの旅行雑誌「トラベルレジャー」で「世界でもっとも美しい駅」の一つに選ばれています。

金沢はこの他にも、建築ファンの心をつかむ建物があったりします。
b0263744_21315743.jpg

金沢のまちは、周遊バスを使うのが便利。
観光バス、市民の足である町バス、どちらも500円で使える1日フリーパスがあります。

でも20分に1本しかないとか、周遊バスが来ずフリーパスが使えないバスばかり来るのを見送るストレスとか、2,3ぐらいしか離れていないバス停までなら待つより歩いたほうが早いとか、夕方6時台が最終だったりとか、色々アレでした…
2日目は天気が荒れまくり、バスの運行にも影響が出て、使わなくても良かったな。
どんな観光ルートにするか考えてから買った方が良いですね。
2日目はアレでしたが、1日目はあちこち移動したので、けっこう使いました。

b0263744_21404653.jpg

ホテルまでさっそくバスで移動、荷物を預かってもらい、身軽になって街を歩きます。
どこかでモーニングをいただこう!という算段♪
そして見つけたのが、金沢の人たちがパン屋といえばここ!というほど人気らしい、ジャーマンベーカリー。
モーニングメニュー、ありました❤

いただいたのは、片町店のみのオリジナルメニュー、片町ドッグのモーニングセット。
片町ドッグ、サラダ、ゆで卵に、選べるドリンクはもちろん紅茶。
紅茶は、ダージリン、アッサム、オレンジペコーの3種類からお好きなものを選べるとあって、意外にも紅茶に力を入れているのを感じて嬉しい限り♬

b0263744_21045271.jpg

大人気のパン屋さんだけあって、焼きたてのホットドッグはパンが予想以上に美味しかった~
ソーセージがバリッとしているのはもちろんのこと、パンの香りが良くてきめも細かく。
これは朝から食欲が出ますよ。

b0263744_21090639.jpg

並んでいるとりどりのパンたちも、どれも美味しそうで、ついチョコレートクロワッサンを追加しちゃった。
この時はなかったのですが、後でまた訪れたときに紅茶のチョコレートクロワッサンがあって、買わずにいられなかった!
ダージリンを使用している紅茶のクロワッサン、生地にも中のクリームにもしっかり紅茶が使われて、しかもダージリンらしさをちゃんと感じられるレベルで、美味しすぎました。

b0263744_22401146.jpg

ミルクティーの気分で、紅茶はアッサムをチョイス。
モーニングセットでありながら、嬉しいポットサービス。
テトラ型のティーバッグですが、業務用らしい大きいもので、ポットの分量の味はしっかり出ています。
残念ながらミルクはコーヒーフレッシュだったので、ミルクティーは諦めてストレートでいただきました。
ティーバッグでもちゃんとポットでいれたほうが美味しいというのがよくわかる、ほっとする味でした。

b0263744_21270533.jpg

ゆで卵をいただくのに隣のミセスの塩をお借りしたのをきっかけに、会話がはずみ、金沢の観光名所などを教えていただきました。
金沢を楽しんでらしてね、という親切な笑顔を見て、なんだか楽しい旅になりそうだな♫という予感がした、金沢一日目のはじまりでした。

ジャーマンベーカリー、金沢市内に何店舗かあるようです。ペーパーのランチョンマットがマップになってました。
b0263744_22503655.jpg



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



11月1日に紅茶を思い切り堪能するはずが、地紅茶サミットの前売り券をよくよく見ると、11月2日の券だったことが、買った後に発覚。
地紅茶サミットは1日と2日、2日間にわたって行われたのですが。
セブンイレブンの機械で発券するちけっとぴあで購入したのだけど、日付の選択するとこどこにあるの?\(^_^)/と思ってるうちに全部済んじゃって、否応なしに2日の券が出ていたのでした。
ま、どこかに選択するとこあったんでしょうね…別にいいけども。
さらにサミットの中にいくつかあるイベントも、名前がひっかけ問題並に似ているので、間違えないように選ぶのが難しかったです。

ということで、金沢一日目の記事は続くのですが、地紅茶サミットの記事はもうちょい後かな。
インド旅行記もまったく進んでないけど、金沢の旅行記を先にさくっと終わらせたいな。
励ましのクリックをいただけると、更新度合いが確実にアップしますので、良かったら下のバナーを押してやって下さいな♪

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

More
[PR]
by bestdropteaclub | 2014-11-04 00:08 | 金沢、2014 | Trackback | Comments(0)


毎日を、紅茶と一緒に


by bestdropteaclub

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
金沢、2014
紅茶レッスン
スリランカへの旅2012
パンと一緒に
紅茶のおいしい場所
イベント
本日のお茶
愛しの紅茶道具
インド、2014
ネパール、2014
ブログ
Corpse Reviver
京都、2015
アフタヌーンティー
アドヴェント・ティー2014
Corpse Reviver
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

Cupotea 紅茶教室

最新のコメント

Best Drop Te..
by Micanda at 13:44
Micandaさん ..
by bestdropteaclub at 23:06
Best Drop Te..
by Micanda at 23:14
> まろんさま コメン..
by bestdropteaclub at 21:26
> キンポウゲさん こ..
by bestdropteaclub at 17:39
焼きたてスコーン、とても..
by キンポウゲ at 10:31
> キンポウゲさま お..
by bestdropteaclub at 19:23
お久し振りです^^ 壁..
by キンポウゲ at 18:01
> キンポウゲさん ダ..
by bestdropteaclub at 09:16
先日も楽しく勉強になるお..
by キンポウゲ at 23:09

メモ帳

最新のトラックバック

オペラ・ブッファの最後の名曲
from dezire_photo &..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

参加者募集♫ クリームティー..
at 2017-05-20 20:38
キーママタルとアイスチャイ@..
at 2017-05-14 12:20
ほうじ茶バゲットのサンドイッ..
at 2017-05-04 15:31
イースター、お茶とお菓子とレ..
at 2017-04-19 19:24
参加者募集♪ 「西荻のパンが..
at 2017-04-15 19:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
旅行・お出かけ

画像一覧