カテゴリ:紅茶のおいしい場所( 45 )

Gong cha アトレ吉祥寺店、オープン oishii

4月7日、アトレ吉祥寺に台湾茶のお店、Gong cha がオープンしたので、翌日行ってきました!
近いところでは阿佐ヶ谷にもお店があるので、そちらでパールミルクティーとパイナップルケーキをいただいたことがあります。

b0263744_15544141.jpg

週末のせいか、みなさん事前情報を持っていたのか、オープン前から大行列。
オープンの10分ほど前に到着したのですが、お目当ての先着100名の開店記念プレゼント、96番目にゲット!
危なかった~(^_^;)

b0263744_16004233.jpg

オーダーはメインのお茶、ホットかアイスか、トッピング、氷と甘みの量などを選びます。
無限大の組み合わせの中から、自分好みの1杯を求めて、それはもう真剣に考えるのです。

b0263744_15544693.jpg

長々と1時間近く並び、その間ずっと思っていたミルクフォームのブラックティーを直前で心変わり。
アイスのパッションフルーツ阿里山ティーエード、氷と甘み少な目にしました。
ベースの阿里山烏龍茶、パッションフルーツに負けるかと思ったけれど、その清涼感は清々しく喉を潤してくれました。

オープン記念のプレゼントは、オリジナルのティーボトル!
底部に茶葉が入れられる、台湾でよく使われているタイプ。
かなりハイセンス!嬉しい~♪

b0263744_15545232.jpg

ドリンクを持って井の頭公園を散歩したり、少しですがカウンター席もあるので、吉祥寺散歩で疲れたら一休みするのにもいいですね。
吉祥寺に便利で美味しいお茶のお店が増えて、嬉しい限り♪





にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2017-04-09 17:57 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

平日モーニング@チャイブレイク

Corpse Reviver のブログを更新しました。
久々のチャイブレイクでのモーニングについて。
http://ameblo.jp/corpsereviver/entry-12194436420.html

何年も前から、何回も何回も、数え切れないほどここの紅茶をいただいてきたのですが。
暑い夏の朝、一日の最初の一杯にいただいたアイス煮出しミルクティーの美味しさに、心から感動しました。
駅からここまで歩いて来た際の暑さ、それを癒す濃厚な紅茶の冷たさ。
お店でいただいた紅茶をこんなに美味しいと思ったのは、久しぶりでした。

b0263744_00552340.jpg

不思議ですよね。
なんで紅茶なんて些細なものに、こんなに心つかまれるんだろう?

ちなみにポケモンgoプレイヤーのみなさまにお伝えしますと、井の頭公園は、ヤドン・コダック・コイキング祭り、たまにミニリュウです。
もっと可愛いの、来て!




にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2016-08-31 01:19 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

西荻窪に新しいお菓子の店ができました

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by bestdropteaclub | 2016-07-29 19:55 | 紅茶のおいしい場所

ロイヤルミルクティー@サモアール 相鉄ジョイナス本店

これは前回記事のルピシア グラン・マルシェと、同日の出来事です。

グラン・マルシェの後、IKEA港北でテーブルの脚を入手し、ヘトヘトになりながら横浜駅に戻ってきましたの。
荷物がかさばる&重いったらありません。
この後2,3日、背筋が筋肉痛になりました…
グラン・マルシェを一緒に回った友人が、IKEAも付き合うよと言ってくれたのだけれど、こういう大変な目に遭わせたくなかったから、断ったのです。
けど、やっぱり手伝ってもらえば良かったかな~、って、ひしひしと後悔の念。

で、やっと後は帰るだけ、でも疲れ果てたから紅茶が飲みたい!とびっきり美味しいのがね!という気持ちで、やって来ましたお久しぶりのサモアール。
横浜駅から直結の、相鉄ジョイナスのB2にあります。
こんなに疲れていなくても、横浜駅に来るとほぼ毎回、立ち寄ってしまうのだけれども。

b0263744_11344951.jpg

お店の雰囲気は、お酒飲むところみたいで、本当に美味しい紅茶がいただけるの?と怪しく感じてしまうかもしれません。
まずは、ロイヤルミルクティーを注文してみましょう。
アイスロイヤルミルクティーですが、名前にアイス、付いていたかな?
とにかくこのお店でロイヤルミルクティーと言えば、アイスが当たり前なのです。

トップにもったりしたクリームがたっぷりの、疲れを忘れさせてくれるミルクティー。
1974年創業のこのお店を、代表する味です。
夕ご飯にハンバーグのホットサンドもいただきました。

b0263744_11375751.jpg

サモアールでは、月曜は普通のロイヤルミルクティー、火曜はバナナ、水曜はアプリコットといった具合に、曜日ごとに特定のフレーバーのロイヤルミルクティーがサービス価格で提供されます。
(上記は例えであって、実際の曜日とフレーバーは違っていると思うので、知りたい方はお店に確認してみてください)

いつもはそれを注文するので、フレーバードのロイヤルミルクティーをいただく機会が多く、アプリコットなど甘い味わいの印象があったのですが、普通のを飲んでみると、見た目に反してそれほど甘くありませんでした。
渋谷ケニヤンのアイミティーに似ていると思っていたけれど、あちらのがだいぶん甘いですね。
この外観からは予想外なほど爽やかで、カルダモンでも使っているのかと思ってしまうほどの清涼感。
でもしっかりとロイヤルミルクティーのコクがあって。
この飲み心地に、予想を裏切られたような驚き。
独特の味わいに、虜になる人が多数いるのも納得の、幸せの一杯です♫


さて、後日テーブルは無事、出来上がりました。単独で、自力で組み立てたのです。
もう連日、職人めいたことばかりやっている気が…
筋肉痛は運んだだけじゃなく組み立ても一因でしょうけれど、とにかく、テーブルのある部屋ですよ。念願の。嬉しい❤

b0263744_10373649.jpg

無垢材のテーブルは、オイルを染み込ませて育てていくのです。
部屋のレイアウトを考える時、ソファとローテーブルでゆったりとくつろぎたい誘惑にかられつつも、紅茶のテイスティング、ミキシングやアレンジの研究をしっかりとやりたいと考えると、どちらも置けるほど広くないため、どうしても大きめのテーブルを優先するしかなかった。

このテーブルで先日ようやく、入手した今年のダージリン春摘みをすべて並べて、テイスティングしました。
その時、育てていく間にこのテーブルには、オイルだけでなく、紅茶も染みてしまうかもしれないなあと気づいた。
汚れるのは嫌だけど、でも、汚れや染みが紅茶のせいでテーブルに付いてしまうなら、それは勲章だと思うことにしましょう。

b0263744_12002119.jpg




にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2016-05-21 11:35 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

そうだ、スリランカ行こう

と思ってみても、昔セイロンと呼ばれていたスリランカはとても遠いので、谷根千あたりのスリランカカフェ、Ayubovan! (アユボワン!)へ行きました。
前回記事のダージリンから、歩いてはしごしたのです。
インドからスリランカへ、そんなことが谷根千で可能だったとは。
意外にも紅茶スポットだったのね、谷根千♫

こちら、去年の5月にオープンしたそう。
入口のガラス戸が一部赤く、中がよく見えない暗い感じが昼なお暗いバーのようで、入るのを躊躇するのですが、入ってみればとってもすてき。
シャビーって言葉をやたら使いたがるマダムに、シャビーってなんだか日本語でご説明いただけますか、と以前、強く思ったことがあるのですが、多分ここで使うのが正解なのじゃないでしょうか?と感じるおされ空間です。
合ってますかマダム?

b0263744_00182020.jpg

久々にスリランカカレーをいただきたい気持ちは山々だったけれど、さすがにダージリンでインドカレー食べてからのはしごでは、無理。
ここはスリランカの美味しい紅茶とお菓子を楽しみましょう。

嬉しいことに、五大産地すべての紅茶をポットサービスでいただけます。
ディンブラと、ミーキリとパンケーキがセットになったデザートセットを注文しました。
スリランカ好きに、このデザートは嬉しい!

b0263744_00262030.jpg

ディンブラは、シングルエステートかブレンドしたものかわかりません。聞けば教えていただけると思います。
ディンブラらしい、ほっとする美味しい紅茶でした。
ミルクも出していただきましたが、ミルクティーにするには私には、少し濃ゆさが足りないかしら。
そして思いがけず、レディカーライルのティーカップでいただけたのが、女子心をくすぐります。

b0263744_00224805.jpg

パンケーキはクルクル巻いてあるのが、スリランカ流。
私がスリランカで食べたのは、生地がもっと薄いのにモチモチしていて、その食感を期待していたのですが、違いましたね。
カレーもそうだけれど、パンケーキも、家庭や店の数だけ違った味があるのだと思いました。

b0263744_00300540.jpg

このお店が掲載された雑誌や、るるぶスリランカを読みながら、ゆっくり過ごさせていただきました。
今やスリランカは人気の観光国になっており、こちらのように、観光で訪れたスリランカに魅了された若い方々が、スリランカカレーの食べられるお店を出していく、という機会が、過去に比べると増えていくのじゃないか?という期待が湧いてしまいました。

その反面、るるぶランカで、お気に入りのキャンディのホテルの値段が恐ろしく高騰しているのを知り、めまいがしそうになりました。
私がスリランカを旅したのは、2010年と、2012年のこと。
さほど長くも短くもない時間が流れる間に、あの国はどれほど変化していることだろう。
観光で成功し、経済的に豊かになるのはスリランカにとって良いことなのでしょうが、もう前みたいに、静かな気持ちで長い旅のできる国ではなくなっていくのかな、という不安も感じてしまった。
その辺も確かめつつ、愛する茶畑に会いに、また是非とも訪れたい場所です。

あ、なんかお店の話から遠のいた。
まあ、そういうブログですよ\(^o^)/

b0263744_00343206.jpg



*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*



b0263744_08182918.jpg

久々のおまけ画像。
アユボワン!近くの輸入雑貨屋で、スリランカのキトゥルハニー(瓶入り)が売っていたので、買いました。
これと水切ヨーグルトで、おうちでもミーキリが楽しめます♫
オーガニックのウバを使ったティーバッグの紅茶もありましたよ。
ちなみに亀は、同じお店で買ったラオスの手芸品。
しっぽをびよーんと引っ張るとメジャーになっている、優れもの。
ラオスになにがあるというんですか?と村上春樹が聞いてきたら、見せて差し上げようと思います。



にほんブログ村

[PR]
by bestdropteaclub | 2016-03-09 19:49 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

そうだ、ダージリン行こう

と思ってみても、インドの西ベンガル州のダージリンはとても遠いので、日暮里のダージリンへ行きました。
インド料理店だけれど、日本紅茶協会認定の美味しい紅茶が飲めるお店、でもあります。
前から行ってみたかったのです、内装がゴージャスと聞いて。

b0263744_07404876.jpg

エントランスの時点で、内装ゴージャスの予感は高まるばかり。
入ってみると、期待にたがわぬゴージャスさでした。

b0263744_08022545.jpg

山小屋風の不思議な空間に、タペストリー、置物、楽器、バッグ、インドの雑貨がおもちゃ箱をひっくり返したみたいに飾ってある。
私の席の床には、孔雀がペイントされていた。
色彩が溢れているのに、インドのガーリーさに統一された世界。
この空間、いっぺんで大好きになりました❤

ただし、とても寒いのだった。隣のテーブルの女子二人も、寒い寒い連呼してました。
暖房を入れてくーださーい、と言おうにも、その時はインド人従業員一人。
彼には日本語ばかりか英語も通じなかった。(ヒンドゥーオンリーと言われた。指さしと連呼で注文可能)

b0263744_08095695.jpg

美味しい紅茶のお店であるので、ティータイムにはゴージャスなティーセットで紅茶と、インドのお菓子が供されるらしいのです。
それで、お茶をいただいてみたいと思っていたのだけれど。
朝から何も食べずに来て、ランチタイムだったので、お腹ペコペコ。
しっかり食事をとるしかない。ということで、お好きなカレー一種、ナンかライス、タンドリーチキン、サラダ、マンゴーヨーグルト、そして選べるドリンクのセットをチョイス。

その日のスペシャルで、初めて聞く、そしてもう二度と思い出せない名前のカレーを選びました。
タンドリーチキンがカレーに入っているの。タンドリーチキン付いてるのにね\(^o^)/

ドリンクは、もちろんチャイ!

b0263744_07564971.jpg

カレーは、辛さが選べたのかしら?
何も聞かれなかったので、普通の辛さだったのだと思いますが、私にはややマイルド。
クリーミーで食べやすくて、美味しかったです。

そして待望のチャイは、しっかり手鍋で煮込まれた感じの、濃厚な味。
インドで飲んだチャイを思い出しました。
この美味しさ、チャイ以外の紅茶がとても気になりましたが、それは次回のお楽しみに取っておくことに。

TEA と書いてあるシュガーポットにも、心ときめくのです。
b0263744_07592384.jpg

帰る頃、日本語が出来るマネージャーらしき人が登場し、暖房を入れてくれました。もっと早く出会いたかったよね。
これからは温かくなるので、大丈夫でしょう。
あるいは、私が座った陽射しの入らない奧のほうではなく、窓際の席なら、あんなに寒くないのかも?

座る場所によって、色んなインテリアの景色が楽しめそうで、次回は違う席に座ってみたい。
その時はティータイムに訪問して、ゴージャスにダージリンティーとインド菓子をいただこうっと♫

b0263744_07452513.jpg

そして今日の記事は、雛祭りとまったく、関係がないのでした。
まあ、そういうブログです\(^o^)/




にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2016-03-03 19:28 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

ロンドン発、FRANZÈ & EVANS に行ってきた!

結婚して専業主婦になった友人が、暇でテレビを見まくっていたら、日本初上陸の店が表参道にオープンしたというニュースを見たので、是非ランチでも!と誘ってくれた。
いいね行こう!と2月11日の祝日、お誘いに応じたものの、混むと思うから10時半集合ね♪と言われ、若干ひるむ私。
何でランチのために、休日の10時台に駆けつけなければならぬのか(寝ていたい)。
と思い、朝から何も食べずに参じました。
10時半、これが大正解だと、後で知ることに。

1月22日オープン、そして昼頃には大行列の出来るお店、それはロンドンからやって来た FRANZÈ & EVANS。

b0263744_23381646.jpg

友人の話だと、ロンドンの本店以外、今のところ世界で唯一の支店がここだそうですよ。
幸い空席があって、すぐに入れました。
カウンターに並ぶケーキたちを見て、いきなりテンション上がりまくり!
素朴なはずのイギリス伝統菓子が、お洒落に飾られてズラリ勢ぞろい。
店員さんに、あのーここにダイブしても良いですか?と聞きたくなるレベルです♪
100%ダメって言われると思ったから、聞かなかったけれども。

b0263744_22464380.jpg

メニューを見ては吟味、立ち上がってカウンターやショーケースに並ぶキラキラしたフードたちを見ては吟味。
ケーキ類の他、クロワッサンのサンドイッチ5種類ぐらい、キッシュ2種類、サラダ数種類、パンオショコラ、クロワッサンザマンドなどがありました。

散々悩んだ挙句、持ち帰れそうなものは持ち帰ることにして、持ち帰り出来ないメニューを頼もう!と決めた。
私のチョイスはフレンチトーストと、ダークチャイラテ。
ただのチャイラテもあったのだけれど、ダーク、とつくのが気になって。
店員さんに聞いたらどんなものかわかるけれど、それじゃつまらない。
これは茶葉が普通のチャイラテより多いか(トリプルとか?)うんと濃厚なのを使っているとか(チャイラテがディンブラ使用なら、ダークはケニア使用とか)と勝手に色々想像しながら、注文を楽しみます。
友人はイングリッシュブレックファーストティーとレッドヴェルヴェッドカップケーキ、ゴールデンシロップを使ったというオーツ麦などが入ったビスケットをチョイス。

b0263744_22335806.jpg

ダークチャイラテを持ってきた店員さん、エスプレッソはどちらでしょう?とのたまった。
エスプレッソは頼んでませんよ~と言ったら、ダークチャイラテにはエスプレッソが使われているのだった。
そして中から、紅茶のティーバッグ。
色々驚かされます。苦手な、コーヒーの味がしました…
紅茶紅茶した味がお好みならば、普通のチャイラテのほうが良いと思います。きっと。
友人の飲んでいるイングリッシュブレックファーストがポットサービスで、羨ましくなりました。
紅茶はクリッパーのティーバッグだったけれどもね。
他には、フレッシュミントティーは本当にフレッシュなミントを使っているんだろうな、という想像が働いて気になったメニューでした。

フレンチトーストは、これもゴールデンシロップを使っているのか、卵や牛乳といったオーソドックスなフレンチトーストの味とは一線を画していました。
フランベしたバナナが美味♫

b0263744_22231881.jpg

ランチと言うよりブランチぐらいの時間に来たからか、次々と新しいメニューが焼きあがっては、カウンターに並んでいく。
テンション最高度に上がったのは、ヴィクトリアスポンジのカップケーキが登場した瞬間。
この、ティーポットを使った見せ方!!
このレイアウト、あちこちのお店がマネして流行するんじゃないかと思うぐらい可愛い❤

b0263744_00090800.jpg

冷蔵ケースの中にも、スイーツやサラダ、お惣菜などがずらりと並んで。
目移りして、本当になかなかメニューが決められないのです。

男性店員さんに、ケーキは持ち帰り出来るかと聞いたら、いいと思いますがクリームが思いのほかだれるので、お勧めしません。が、1時間ぐらいならどうにかなるでしょう。
というので、完全に持ち帰り前提でメニューをチョイスしたのだけれど、レジでケーキを持ち帰りたいと言ったら、土日は持ち帰りを一切お断りしております。と別の店員さんに言われてしまった。
ガーン!というわかりやすい音が脳内で響きましたの。店員さんによって違うことを言わないでほしい!
ということで、テイクアウェイは平日限定です。
これから行かれる方は注意してくださいね。

b0263744_23033382.jpg

持ち帰りの件はアレでしたが、見ているだけで幸せ気分になれるイギリス菓子に囲まれ、お洒落なインテリアなども楽しみながら、友人とおしゃべりしつつ優雅な休日のブランチを過ごせて、大満足でした♪
出る頃にはちょうどランチタイムぐらい。
大行列が出来ていました。
お隣のお店もパンケーキが美味しいらしく、ここらへん行列だらけ。
基本、土日祝の表参道はあっちもこっちも行列。
平日の持ち帰りを狙うか、もうしばらくして空いたころに再訪しようと思います。

b0263744_00250375.jpg

んん、テイクアウェイでも行列には並ばなくちゃいけないのかも?
でもこの光景見るためなら、行列嫌いな私ですら、我慢出来てしまいそう。

b0263744_22192651.jpg



[PR]
by bestdropteaclub | 2016-02-12 21:09 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

王様のおやつ@サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ oishii

「紅茶の世界旅行~インド、ダージリン編」参加者募集中です。
美味しい紅茶、写真とおしゃべりで、ダージリンを旅した気分になれるかも?
ダージリンの美味しい四季を、心ゆくまで味わいましょう♫
詳細はこちらをどうぞ ⇒



*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*



1月18日、今日は東京も大変な雪でした。
こういう日は、熱い紅茶がいっそう恋しくなりますね。
知人のお子さんの幼稚園は、お休みになったそうです。
いいなあ、子供のころに戻りたい。

子供のころ家にあったレシピ本の中で、ひときわ色鮮やかで、たくさんのキラキラしたお菓子の写真が載っていて、母親の本棚からこっそり持ち出しては何度も写真を眺めてワクワクしていた、それが今田美奈子さんのお菓子の本でした。
今ではお菓子というカテゴリを超え、テーブルセッティングやマナーなど、食卓芸術という領域にまで昇華されたその世界観の一端を垣間見ることが出来る場所が、新宿高島屋にあります。
サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ。
去年のクリスマス前に友人と訪問しました。(そう、年をまたいで書くのです)

b0263744_18515338.jpg

オムライスなどの食事メニューにも惹かれたのですが、初志貫徹で注文したのは、「王様のおやつ」というメニュー。
二人席に座っていたのですが、こちらのメニューを二人そろって注文したら、テーブルが狭くなりますので移動をお願いしますとゆったりした4人席になりました\(^o^)/
三段スタンドと、ポットサービスの紅茶。
確かに、二人席では載せきれないと思います。

b0263744_00105816.jpg

「王様のおやつ」は、紅茶を単品メニューからお好きなものが選べます。
ダージリン、ディンブラ、アールグレイ、ロイヤルミルクティー、アイスティーの他、ハーブティーなどもあったような。
すべてポットサービスです。とメニューに書いてありましたが、アイスティーの場合は違うかも。(確かめてません)
私はダージリン、友人はアールグレイを選び、2杯目は交換して両方いただきました。

b0263744_00270684.jpg

他の店ではわからなかったことが、このお店でわかりました。
お菓子が美味しすぎると、紅茶に対する要求レベルが上がるということです。
そしてポットだけれどいつものペースで飲んでいると、2段目ぐらいで紅茶がなくなりそう。

3段スタンドで登場する「王様のおやつ」は、一般的なアフタヌーンティーに一番近いメニューと思いますが、サンドイッチはなく、すべてお菓子。
まず、一皿目のスコーンでいきなりやられました。
美味しい…❤
ちゃんと温かい状態で、柔らかいのですがホロホロ崩れることもなく、優しい食感。
ジャムやクリームももちろん合いますが、噛みしめるとスコーンそれ自体から感じられる小麦の美味しさ。
子供の頃目にしたレシピ本の思い出が影響しているのか、高級な雰囲気の中で供されたものであっても、それは母親が子供に作ってあげるおやつの懐かしい味わいがどこかにあって。
プロの紅茶専門の人がどれほどスコーンのレシピを研究しても、到達しない次元のもののように感じました。

b0263744_00214769.jpg

2段目、焼き菓子などのプティフール。
オレンジピールもお手製なのでしょうが、皮だけなのかしらこれ?と不思議に感じるほど、フルーティーで豊かな味わい。
この一皿に使われている色が少なく、似たようなものを合わせたように見えて、万華鏡のようにたくさんの違った味と食感が楽しめます。
一品ずつに感動がありました。

b0263744_00141003.jpg

3段目はメインのお菓子で、こちらは一部の単品メニューから好きなものを選びます。プラス料金が必要なものもあり。
友人と私、同じシュヴァルツヴァルダー・キルシュトルテを選びました。
見た目よりクリームがあっさり、キルシュがしっかり効いて、これは前の2皿と比べて大人の味わい。
友人は生クリーム苦手なはずが、なぜかこれを選び、結構食べていました。

b0263744_00165715.jpg

二人で紅茶とお菓子とおしゃべりを楽しんでいる最中、まったく偶然に、今田美奈子さんその人が優雅に現れ、私たちの席から見えないところへ消えていきました。
適切な表現かわかりませんが、そのオーラたるや、もののけ姫のシシガミ様のようでした。
そんな近づきがたいほど偉大な方に、言いたくても言えなかったこと。
子供の頃いただいたおやつのような優しい味わいのお菓子たち、美味しくて、どこかとても懐かしい味がしました、ということです。
世界でいちばん美味しいお菓子は、母親が子供のために作るおやつかもしれません。

b0263744_00331683.jpg




[PR]
by bestdropteaclub | 2016-01-18 22:43 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

本、音楽、クリスティーで紅茶、年末

もうすぐ2015年も終わりなのですね~
大掃除も済んでいないしおせちも準備していないし第九も聴いていないしドラクエ7をついさっき始めたところなのに、これを書いていていいんだろうか。と思いつつ、書きます。
自分メモ的に音楽の話が多めです('◇')ゞ

秋になってから、毎月1度はN響の定演を聴きに、渋谷に出かけていました。
NHKホールでのコンサート前に軽く夕食をいただくのですが、今まではケニヤンがほとんどだったけれど、時間に余裕があったので少し離れたこちらに行ってみました。
原宿のティー&ケーキ クリスティー。
以前はワンコインでいただけるモーニングをよく食べに行っていましたが、けっこう久しぶりの訪問。

クリスティーという店名にもかかわらず、この看板を見るとエラリー・クイーンを思い出すのです。
子供向けにリライトされたシリーズを小学生の時よく読んでいたのですが(その中にエジプト十字架もあった)、その挿絵が多分、この看板描いた方のだと思います。

b0263744_19173749.jpg

これは10月、ハロウィンの頃にお邪魔した時の。
BLTサンドイッチと、ホットのニルギリ。ムジカさんの紅茶ですね。
ポットにたっぷり、カップ3杯ほどいただけます。
こちらのサンドイッチ、初めていただいたのですが、美味しい~❤
マスタードの効き具合とか、さりげないところがしっかり丁寧に作られていて。

お供の小説は、クロフツの傑作「樽」。骨太で読み応えがあり、面白すぎて徹夜で読み終えました。
前に1回読みかけて挫折したんだけど…なんでその時途中でやめられたのか、自分でもわからない。

b0263744_19140399.jpg

この夜、N響の演目は、トゥール「アディトゥス」、ショスタコーヴィチ「ヴァイオリン協奏曲第1番」、バルトーク「管弦楽のための協奏曲」。
中プロの五嶋みどりのヴァイオリンが目当てだったのですが(まさかN響の定演に客演するとは)、全曲良かった!
まったく知らなかったトゥールは深海できらめく古代生物のようだったし、バルトークも闇の中できらめきと揺らぎが銀の波のように聴き手の意識を呑みこむようで、この3曲はどこか共通したイメージが浮かびます。選曲のセンスの良さに感心します。
不思議なことに、年代の新しい曲ほど太古の香りがするんだなあ、という発見。
久々に聴いてみれば、真面目な優等生、だけれどもつまらない印象だったN響が、いったいいつからこれほどの遊び心や色気やダイナミズムを身につけたのだろうと、驚かされっぱなし。
指揮のパーヴォ・ヤルヴィは就任して間もないけれど、N響の良さをよく引き出しており、相思相愛ぽくて、この先も楽しみですね。
そして五嶋みどりさんはもう、彼女のショスタコを生で聴けるというのは、同じ時代に生まれた人間の特権と思います。
彼女の演奏はスリリングで、いつも暗闇の深淵ギリギリまで連れて行かれる感覚になります。脈拍もあがり、息も忘れそうなほど。

翌11月の定演の時は、ケニヤンでカレーとアイミティーをいただいたのでした。
Cプロ、チケット購入の時点ではメインは今年のショパンコンクールの優勝者、演目はショパンの協奏曲(1番か2番、コンクールで弾いた方)、となっていたので、その後で優勝したチョ・ソンジンの演奏で1番となりました。
金管が入りでいちいち音を外すので、聴いていてハラハラした。あれじゃソリストもびっくりでしょ。
ピアノは頑張っていたけど(特に3楽章が良かった。将来が楽しみですね)、これが前回のバルトークと同じオケなのか?と思うほどオケが精彩を欠いていた。それとも指揮者が違うから?(この時はウラディーミル・フェドセーエフ)
他はハチャトゥリヤン、グラズノフ、チャイコフスキーなど。
チャイコの1812はダイナミックさが活かされて良かった。
N響はロマンティックな古典、少人数編成の曲よりも、古代生物の香りがする近・現代曲、人数や楽器編成の多いダイナミックな曲が合うと思った。

下の写真は再びクリスティ、12月です。
クリスマス時期だというので、サンドイッチはローストチキンをチョイス。
紅茶はまたもニルギリ。なぜなら、セットの紅茶がニルギリだからです。
ニルギリは何にでも合わせやすいし飽きが来ないので、何度いただいてもOK(*‘∀‘)

b0263744_18573033.jpg

ローストチキンサンドは、チキンが柔らかくジューシーで美味でした。
チキンがこぼれ落ちそうで、ちょっと食べづらいのが難点かな。
でもそれはチキンが大きいからこそなので、変えて欲しくはないなあ。

b0263744_19205464.jpg

紅茶はポットに茶葉が入っている状態で、どんどん濃くなっていくので、私は2杯目か3杯目はミルクティーでいただくのがお約束。
ただこのお店のミルク、うちでいつも飲んでいるのよりかなり水っぽい気がする。
スーパーのプライベートブランドのでももっと濃いし、低温殺菌牛乳と比べると、その違いはかなりのものだと思います。
何とか美味しい対比を目指してミルクを入れるのですが、使いすぎるとシャバシャバしちゃう。調整が難しい。

この日のお供本はカバーかかっているけれど、筒井康隆著「聖痕」でした。
先日、最新長編「モナドの領域」を発刊され、ご本人からサイン本を直接手渡しでいただく機会を得て、筒井康隆って実在していたんだ…とフルフルと心震わせていました。
「聖痕」、引き込まれてすぐに読み終えました。
主人公がかなり特殊なキャラなので、モデルはあるのでしょうかと筒井先生にお聞きしたら「ありません」とキッパリ。
モナドを読んだら、年末年始にお気に入りの「旅のラゴス」と「驚愕の荒野」も読み返そうかしら。

b0263744_19111144.jpg

この夜、12月のN響はAプロ、R.シュトラウス「楽劇サロメ」全曲、演奏会形式。
大好きな演目の一つで、カラヤン版の全曲CDを今まで通しで30回ぐらいは聴いていると思います。
サロメ役のグン・ブリット・バークミンやヨカナーン、ヘロデ王は良かったけれど、ヘロディアス役は大分大人しくて物足りなかったですね。バルツァと比べてはいけないでしょうが…
オーケストラは、特に「七枚のヴェールの踊り」が素晴らしい出来で興奮しました。
オケ全体の音に色気があって、その中でヴィオラソロだけが硬質な音を放つのが光る。あれ、とても良い。
というか、ヴィオラ、あの曲であんなにカッコいいことやっていたんだ~、と、生で聴いて初めて知って興奮です。
デュトワのリズムが良いですね。すべての楽器から放たれる生と死と血と、欲望の匂い。
聖書の昔の、彼らの時代に誘われるようでした。

b0263744_19040856.jpg

先日、今年最後のブリッジ講習でコントラクト・ブリッジをやりながらN響の話をぽろっとしたら、あら、私たちN響の第九で合唱に乗ったことあるのよ、と言われ、え、第九ならアマオケでヴィオラで演奏しましたよ、と答えると、また別の方が、私もヴィオラをやってます、となって、みんなびっくり。しかもN響の定期会員でもいらっしゃるとか。
ブリッジは4人でプレイするのですが、同じテーブルについた全員、今まで音楽の話を一度もしたこともなかったのに、こんな音楽つながりがあったとは驚きでした。
1つの趣味が同じだと、他の趣向も近しくなるのかもしれないなー、と思った次第。
紅茶が好き、という共通項があるのならば、紅茶のほかにも思いもかけないつながりが、この文章を読んでくださっている方ともあるのかもしれません。

さて、今年はこの記事が最後かも。
好きにのんびりペースで書いているよしなしごとにお付き合いいただきまして、ありがとうございました♪
今年は2回のお茶会を行い、非常に少ない機会ではありましたがとても楽しく、希望が見えましたので、来年はお茶会やそれ以外についても(レッスンなど)もう少し機会を増やしていくつもりで、色々考え中です。
ひとまず、1月中に一度、開催しようと思っていますので、決まりましたら近日中にこちらでご報告いたします。

2015年、訪れたけれどまったく記事にしていない紅茶専門店のことや、書きかけのインドやネパール旅行記や、愛知で美味しい紅茶屋めぐりしたことや、家で飲んだ日々の紅茶のこと、まったく記事に出来ていないことが、たくさん、たくさんありました。
しかしそれも過ぎたこと。
気が向いたら書きますし、向かなかったらまた新しいことを見つけ、体験し、書いていきたいと思います。
ひとまずこれから、第九を聴きながら大掃除をするか、ドラクエ7をやります。
今夜、寝る前にどの紅茶を飲もうか考えながら。

それではみなさま、良い夢を。
すてきな新年ををお迎えください♬




にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2015-12-30 23:37 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(3)

紅茶づくしのクリスマスプレート@ティーサロンジークレフ高円寺店

クリスマスと言えば、毎年こちらで紅茶づくしのクリスマスプレートをいただくのが恒例行事となってきました。
ジークレフさん。
イブの日にもシャンパンでなく、がっつり紅茶と向き合いますよ(*‘∀‘)

b0263744_22540937.jpg

今年のクリスマスプレートは、可愛い4種盛り。
も~テンション上がりますの。
私のクリスマスはこのためにあると言っても過言ではなし。

b0263744_23011470.jpg

一部はプラス料金が必要ですが、セットでどの紅茶も選び放題。
このプレートと合わせるお勧めの紅茶は、ダージリン2nd シーヨック、アッサム2nd ダフラティング、あと何か(忘れた)のキャンブリックティーでしたが、少し爽やか系を狙い、ダージリン2nd サマビオン茶園 DJ-71 FTGFOP1 Cl を選びました。
これ、美味しかった~❤
ダージリンに行っておいて良かったな、というのは、こういう紅茶を飲んだ時にすごく感じることです。
行っていなかったら、ダージリンを飲んでは頭痛がしていた私には、この美味しさはいまだ、わからなかったと思う。

b0263744_23145305.jpg

さて、プレートの内容ですが。

★バニラチャイのミンスパイ
ラム酒かなにかに漬けたフルーツの味がとても濃く、プレートの中で最も強い味ですが、これをいただいた後にサマビオンを口に含むと、香ばしさの中にもダージリンの爽やかさが引き立ちます。
星型パイのサクサク感、それを支えるチャイのクリームの軽さ、濃厚なドライフルーツの大人の味わい、すべてが絶妙のバランス。
こんなミンスパイ、絶対によそではお目にかかれません。

b0263744_23542516.jpg

★アールグレイのシフォンケーキ オレンジソース
オレンジのフルーティーさがたまらない。プレートを飾るベリー類のソースもとても合う。
アールグレイは焼き菓子にもっともよく使われる紅茶だと思いますが、ジークレフさんのアールグレイの使い方、アールグレイっぽくないんですよね。色の濃さのせいでそう感じるだけ?
なにか、一線を画している気がします。

b0263744_23371463.jpg

★ミルクアイスの雪だるま 秋摘みダージリンのアフォガード
毎年クリスマスプレートをいただいていて、絶対になくならないで欲しい一品。今年も出会えて嬉しい❤
温かいダージリンオータムナルをかけ、スノーマンを紅茶に溺れさせていただきます。
底にはダージリンのゼリーもしのばせてあって、アイスが溶ける前に急いでいただいても、全部溶けてから思い切りよく飲んでしまっても良し。
これ好き。大好き❤

この日家に帰ったらTVで名作アニメ「スノーマン」をやっていて、このお菓子を如実に思い出してしまったわ。
あんな切ない結末、容赦ない現実を子供に突きつけるとは…と思いつつも美しいファンタジー、それがまさにこの瞬間。

b0263744_23543275.jpg

★ベリーとローズペコーの3色のムース
手が込んでいるな~、と見た目の美しさに視線を奪われます。
そのままでも、プレートのベリーのソースと合わせても良し。
上の飾りが飴細工のようにサクサクしているし、ムースは舌触り滑らかと、これ一つで様々な食感が楽しめる。
控えめな味わいが箸休め的、かつ紅茶の美味しさを引き立たせてくれるようです。

b0263744_23465357.jpg

そしてイブの日のお供はこちら。
記憶力の低下というのは恐ろしいものですが、読んだ推理小説の犯人やらトリックを忘れてしまって何度でも楽しめる、という利点もありますの。(え
書かれているのは12月22日~28日の出来事なので、その日付にその日の分を読むという「24」ばりの楽しみ方もお勧めです。

b0263744_01281432.jpg

今年のクリスマスプレートも、目にも舌にも楽しませていただきました♪
味としては文句はないのですが、紅茶が運ばれてからプレートが来るまでに結構な時間差があるので、紅茶がなくなるんじゃないかと思って飲むのを我慢したり、温度が落ちてしまうのが、なんとももったいない。
もうちょい紅茶を遅く出すか、プレートを早く出すかしてドリンクとフードの提供のタイミングを近づけていただけたらもう最高。

そして吉祥寺店のクリスマスプレートはまた内容が違うので、そちらも行ってみようかしらどうしようかしら。
これまでの経験からするとこのメニュー、クリスマスと言いつつ多分、1月頭ぐらいまではやっているだろう。やっているといいな♫
という期待を持ちつつ、行く方向に気持ちが傾きます。

b0263744_23532451.jpg



*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*



b0263744_01204666.jpg

おまけ画像は、去年の高円寺店のクリスマスプレート。
この時チーズケーキがあったんだわ~、とか、年ごとに違いを探すのも面白いものですね。
プレゼントボックスを模したムースとか、やっぱり可愛い❤
面倒くさくて記事にしていなかったのですが、今年はちゃんと書けて良かったです、うん\(^o^)/

[PR]
by bestdropteaclub | 2015-12-25 09:00 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)


毎日を、紅茶と一緒に


by bestdropteaclub

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
金沢、2014
紅茶レッスン
スリランカへの旅2012
パンと一緒に
紅茶のおいしい場所
イベント
本日のお茶
愛しの紅茶道具
インド、2014
ネパール、2014
ブログ
Corpse Reviver
京都、2015
アフタヌーンティー
アドヴェント・ティー2014
Corpse Reviver
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

Cupotea 紅茶教室

最新のコメント

Best Drop Te..
by Micanda at 13:44
Micandaさん ..
by bestdropteaclub at 23:06
Best Drop Te..
by Micanda at 23:14
> まろんさま コメン..
by bestdropteaclub at 21:26
> キンポウゲさん こ..
by bestdropteaclub at 17:39
焼きたてスコーン、とても..
by キンポウゲ at 10:31
> キンポウゲさま お..
by bestdropteaclub at 19:23
お久し振りです^^ 壁..
by キンポウゲ at 18:01
> キンポウゲさん ダ..
by bestdropteaclub at 09:16
先日も楽しく勉強になるお..
by キンポウゲ at 23:09

メモ帳

最新のトラックバック

オペラ・ブッファの最後の名曲
from dezire_photo &..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

参加者募集♫ クリームティー..
at 2017-05-20 20:38
キーママタルとアイスチャイ@..
at 2017-05-14 12:20
ほうじ茶バゲットのサンドイッ..
at 2017-05-04 15:31
イースター、お茶とお菓子とレ..
at 2017-04-19 19:24
参加者募集♪ 「西荻のパンが..
at 2017-04-15 19:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
旅行・お出かけ

画像一覧