カテゴリ:イベント( 58 )

中国紅茶

昨日は日本紅茶協会とティーインストラクター会共催の中国紅茶の研究会に行ってきました。
去年の終わり近くに横浜中華街に行って、凍頂烏龍茶(紅茶じゃないけど)の美味しさに驚かされて以来、中国のお茶は非常に気になっていたのです。

紅茶が中国から来たのは養成研修で習う基本中の基本ですが、現在中国でどんな紅茶が作られているか、キーモンやラプサンスーチョンやライチ紅茶以外は私にとってほとんど未知の領域で、今回知ることが出来て非常に貴重な機会でした。
講師の先生はこのために中国へ行き、14種類もの紅茶を買ってきて下さったのだそうで、そのうち12種類を試飲させていただけるという、もう二度とあるまいという僥倖でした。
中華街のお茶専門店に行ってさえ、あれほど貴重かつバリエーションに富んだ中国紅茶は日本では手に入りませんから、また飲みたくなったら中国へ行くしかないですね~、という悩みどころ。
一口に中国紅茶といっても、ネパールや和紅茶を彷彿とさせるものもあり、自分の中にあったこれまでの中国紅茶の概念を打ち破られる感動がありました。

残念ながらお写真は撮るのはOKだけど、ブログ等にアップは禁止されておりますので、代わりと言ってはなんですが、帰りに寄ったミッドタウンにある糖朝のミルクティーの写真を。
中国気分の余韻で思わず入ってしまったのです。
美味しいけど、ものすごく甘かったです。
チャイやキリテーとは違う種類の甘さが、若干苦しくなってきます。
そして絶対にタピオカの半分ぐらいは、氷に紛れていただくことが出来ない仕様です。
エッグタルトで甘さ二重奏。ハート型でほわほわ、こんなエッグタルト初めて❤

b0263744_08580411.jpg




゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



中国、いずれ行ってみたいです。
一人旅前提で考える以上、広い上に英語が通じなさそうというのが非常に大きなネックで、近くて遠い国なのですが…
(あとニーハオトイレがw)

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2015-03-08 09:46 | イベント | Trackback | Comments(0)

ショコラ・ショコラ・ショコラ

この時期、世間ではチョコレートとハートが溢れかえっていますね~
サロン・デュ・ショコラで年間チョコレート予算の9割(でもないか)を使い果たし、あれこれ購入したものを、私も少しずつ楽しんでいます。
今回はそれらをご紹介いたしますね。

まずはベルギー、ドゥバイヨル。
左、モントシエル4個入り。
青とピンクのティーカップが描かれた2種類のガナッシュ。
青がアールグレイの香るダークガナッシュ、ピンクがストロベリーの香るミルクガナッシュ。

右、オランジェット・バロタン。
オレンジピールのチョコレートがけが大好きな上に、ティーカップデザインの箱となったら、買わないわけにいきません。
いずれもまだいただいていないのですが、楽しみ~♬

b0263744_12125564.jpg

ちなみにこちらは去年購入したもののボックスです。
ティーカップデザインなのはいいのだけど、ちょい不気味ではないですか。
そしてティーカップだと言いながら中身のチョコレートはコーヒー風味だったので、今年はちゃんと紅茶を使ってくれたのが嬉しかったです。
使った紅茶がアールグレイというのが、平凡のように思うけれども。

やっぱり、ティーカップに目鼻はないほうが落ち着きます。
b0263744_12151555.jpg

フランス、愛しのボナ❤
純粋に味だけで選ぶなら、ダントツに一番好き。
タブレットでシングルオリジンのカカオを存分に堪能できる、王道のチョコレート。
紅茶と同じく、カカオが農作物であることの意識と産地へのリスペクトがうかがえて、敬愛してやまないメゾン。

シングルオリジンが大多数を占めるボナの製品のなかで、創業130周年を記念して作られた、スペシャルなボナ130th。
ペルー、ブラジル、メキシコ、ベネズエラ、ガボン、コートジボワールの6か国のカカオをブレンド。
楽しみ過ぎて、まだ食べていません。いつ、何のタイミングでいただこうかしら。

2月1日には青山に日本初の路面店オープン。いずれ絶対行く~
b0263744_12175944.jpg

日本、ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ。
去年イートインでいただいたショコラシュークロカンがまたありまして、誘惑にかられましたが、他のをいただいちゃったので自分を抑えました。

購入したのはショコラアマンド。
砂糖不使用で健康に配慮されている製品で、糖質をおさえねばならない家族へ買うことにしました。(自分も抑えなきゃいけないレベルですが…)
おなじみ辻口さんのブランドですが、アッシュショコラサプリメントという、医学とコラボした美味しさと健康の両立を目指した別ブランドも立ち上げたので、もしかしてそちらの商品なのかも。

石川県立博物館のお店にこの前行きました~♬と辻口さんに元気よく報告しちゃった。
b0263744_12201996.jpg

そして一番心ときめいたのはこちら、クリスティーヌ・フェルベールのショーケース。
キャ~❤って感じ。
冷静に見ると、ここにチョコレート現物は一つも写っていない。
空箱かもしれない、しかしキャー❤となる魅力。

b0263744_12304082.jpg

もう自分のチョコレート選びの基準は、紅茶やお茶道具が絡んでいるかいないかになっている気がしてなりませんが、いいの。
去年と同じく、春夏秋冬をテーマにした4種類のボックスと、スペシャルなショコラアソートクラシックが飾られています。

b0263744_12280280.jpg

春夏秋冬全部そろえたい!
と、思うのだけど人気がすごくて、秋しか残っていませんでした。
お金もかかりますし、そろっていたとしても全種類は買えないけれど。
やはりフェルベールさんというとコンフィチュールのイメージが強く、コンフィチュールが使われたもの(夏とか)はさっさと売り切れてしまいますね。

b0263744_12254441.jpg

で、秋を購入。
コーヒーや木の実を使った、コクのありそうな4種。
プラリネをアッサムセカンドフラッシュTGFOP1と一緒にいただきました。
アーモンドかナッツか、細かいのだけどカリカリッとした歯ごたえも楽しく、一粒で秋の実りを思わせる素敵なショコラでした。

b0263744_12231583.jpg

フェルベールさんが握手をしてくださったのだけれど、お手々がとても大きくて温かかったです。
両手で優しく包み込まれ、メロメロになりながら、ああこの手が魔法みたいなコンフィチュールやらショコラを産み出しているんだな~と実感したのでした。

これ、借りてきた映像です。素敵~❤
ボックスの絵はフェルベールさんの出身地アルザスのアーティストさんが手がけているそうです。

b0263744_12461940.jpg




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



高級チョコレートって本当に高い。
一箱でフランス料理のコースがいただけてしまうお値段を、こんなところに来るとポンポン出してしまう熱量はいったいどこから来るのか。
そしてカカオやコーヒーの値段が世界的に高騰しているのは、何か月も前から報道されていたように思いますが。
その分スタバなんかは紅茶に力を入れてきたりといった話も聞き、紅茶の供給が伸びてもおかしくないのに、どうもその様子はまだ実感できるところまでは来ていない気がします。

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2015-02-08 14:29 | イベント | Trackback | Comments(0)

横浜のクリスマスの話を今、します

もう1月も終わりですね。
なので今更ですが、年明けに飲んだ紅茶の話です。
カレル・チャペックのニューイヤーズティー2015♪
さすがに2月に入ってからではシャレにならないかと…(^_^;)

なぜ早く書かないのか。というと、すべては気分と時間の問題。
b0263744_20485897.jpg

これは去年行われたスチュワード麻子さんのクリスマスイベントに、カレルチャペックの山田詩子さんが登場したときにお土産でいただいたもの。
2015年のニューイヤーズティーはダージリンにローズの香りという華やかさ。

メリークリスマスティー、ホーリーミルクティーというクリスマスの紅茶2種、ブリティッシュモーニング、エブリデイという普段使いのお茶もあり❤
2種のクリスマスティーはそれぞれスリランカのウダプセラワとサバラガムワをベースにしたフレーバードティーでした。
5大産地じゃなく新しい2つの産地をベースにしているフレーバードティーって、なかなか珍しいんじゃないでしょうか。

b0263744_20434979.jpg

というわけで、とっくに過ぎた去年のクリスマスイベントのことを書いてしまいますの。
イベントでは、まずスチュワード麻子さんのイギリスの紅茶話あれこれを、そして山田詩子さんのトークではこれらの紅茶をどういうコンセプトで作ったかなど、深いお話が色々聞けました。
私はお二人のトークを初めてお聞きしたのですが、決して長くはない時間の中にエッセンスがたっぷり詰まった濃密なお話に、お二人の人気の理由がわかった気がしました。

会場は、横浜の山手イギリス館。
横浜出身ながら、初めて足を踏み入れた気がする…

b0263744_20244414.jpg

トークの後はさっそく、お話に登場したカレルチャペックのクリスマスティーが振る舞われました。
飲みやすくて、お代わりを2杯もいただいてしまった。

b0263744_19184574.jpg

紅茶と一緒にいただいたのは、えの木亭のケーキとインフューズの茶葉を使ったリプトンのビスケット。
アールグレイ茶葉のクッキーに挟んであるのは、レモンクリーム。

どちらも美味しかったけれど、えの木亭のこのケーキは感激のあまり帰りに買っていきたかったぐらい。
生洋菓子を横浜から持って帰るのはリスクが高いのでやめましたが。
それにイベント用に特別に作ってもらったもののようで、普段は売っていないらしかった。

b0263744_19161473.jpg

お茶を堪能した後は、麻子さんのご案内で、すっかりイギリスのクリスマス仕様に飾られた館の中を巡ります。
麻子さんがイギリスのお家から持っていらした調度品もたくさんあったそう。
個人的にはフォートナム&メイソンのクリスマスクラッカーが乗せられたお皿が、美しくて目の保養でした。

b0263744_19222901.jpg

ゴージャスすぎて、真似てみようなどと夢を見ることもありません。
英国好きの理想のクリスマステーブルを絵に描いたよう。
(正直、私はイギリスより好きな国いっぱいあるけど…だって寒いんだもんイギリス)

b0263744_20204599.jpg

ツリーのオーナメントも紅茶テイスト♪

b0263744_20291378.jpg

別室のアフタヌーンティーの1コマ。
小さなテーブルに、女子の好きなものがぎっしり詰まっています❤

b0263744_19243746.jpg

白だけのシンプルなしつらえもすてき。お皿の淵にレースが入っているのがポイント。
これは日本の家庭でも取り入れやすそう。

b0263744_19382614.jpg

寒いクリスマス時期、こういうところでゆったり温かくして読書やお茶を楽しむって、理想ですよね。
こんな空間で紅茶とアルコールも少し飲みながら、イギリスっぽくコントラクトブリッジをしてみたい。
ですが実際は、やってみたいと思ってルールを読んだのですが、理解できず挫折しました。
チェスのほうが自分向きだけど、いつかやってみたいな~

b0263744_20172300.jpg

このイギリス館だけでなく、世界のクリスマスというコンセプトで近くの横浜名所の建築物で世界各国のクリスマス演出をやっていたのですが、私はランチを食べたいのと色んなところに寄りたいのとで、見ないで帰っちゃった。
例年行われているようなので、またクリスマスに横浜に行く機会があれば、見てみようと思います。

ウィリアム・モリスの「いちご泥棒」、可愛い~❤ 大きな窓に映えました。
b0263744_19272562.jpg




☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*




さすがに、インドやスリランカやネパールのクリスマスはなかったな~あれば面白かったのに。
少数派といえど、これらの国々にカトリックの方々もいますよね。


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村


[PR]
by bestdropteaclub | 2015-01-31 23:48 | イベント | Trackback | Comments(0)

教えてブイエさん!紅茶とショコラのマリアージュ@サロン・デュ・ショコラ2015

年に一度のチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラが、今年も東京にやって来ました。
毎年新宿伊勢丹で行われるのだけれど、場所が狭いからか、今年は新宿NSビルに。
遠くなって面倒くさ。と思いつつも、ゆっくり寝ていたいはずの土曜の朝に早起きし、いそいそと出かけてまいりました。

b0263744_17090911.jpg

何故まだ開場していない朝イチに出かけたかというと、トークショー&デモンストレーションの参加整理券をもらうためです。
だって行くしかないでしょう、セバスチャン・ブイエ氏の「紅茶とショコラのマリアージュ」のデモンストレーションだったら!

セバスチャン・ブイエはリヨンに5店舗を構える人気ショコラティエ。
父親もショコラティエだったので自然とこの道に進んだそうですが、伝統にとらわれない、斬新で遊び心あふれるデザインのショコラで楽しませてくれます。
この日は、フランスのTV局も彼の密着取材に来ていました。(情熱大陸的な番組かしら?)

b0263744_17115429.jpg

「紅茶とショコラのマリアージュ」と言っても、紅茶の好きな人とチョコレートの好きな人、それぞれ違うとらえ方をするものだと、今回わかりました。
私は完全にこのチョコレートにはどんな紅茶が合うかというペアリングを考えるイメージでしたが、ショコラティエのブイエさんにとっては、紅茶をボンボンショコラの原材料にしてみよう、ということなんですね。
で、ステージ上で実際に作ってみせてくれたのは、2種類の茶葉を使った2種類の新作チョコレート。

まずは、「シェヘラザード」という紅茶を使ったボンボンショコラ。
一瞬、ルピシアのミントを使ったお茶のことかと思ったけど、そうではなく。
バラ、桃、オレンジの香りをつけたフレーバードティー。
茶葉を回してくれたのですが、これがあまりにも良い香りでうっとり❤
マリアージュフレールぽいフランスらしいテイストなんだけれど、あそこまでノーブルじゃない。
いったいこれはどこの紅茶ブランドのものなのか?と気になって仕方ありませんでした。
チョコレートに使うのもいいけど、まずこれをストレートでいれて味あわせてほしい!と思った。強く。

b0263744_17241267.jpg

ブイエさん、まずいきなり生クリームに茶葉をいれるので、びっくり。
きれいに乳化するまで15分ほどまぜまぜするんだけど(アンフュゼというらしい)、これってお湯を使わずに牛乳100%でロイヤルミルクティーを作るようなものじゃないかしら。と思った。
それじゃ茶葉開かないんじゃ。紅茶のエキスが出ないんじゃ。と、やや不安を感じながら見守る。

そして出来上がったのが、こちらのボンボンショコラ。
口に含んでびっくり。
鼻の奥で、ちゃんとさっきの茶葉と同じ、みずみずしい桃のフレーバー。
押しつけがましくなく、あくまで主役はチョコレート、の立ち位置で。
うわ美味しい~❤

2本のピンクのラインを、シャンパンのコルクに刺したカッターナイフの刃でつけるという工夫。
小さなボンボン1つに、沢山のアイディアが込められているのですね~

b0263744_17271480.jpg

2つ目は、桜の香りの紅茶を使ったチョコレート。
マカリヨンという、マカロンをチョコレートコーティングした一品。
リヨンのお店では、このマカリヨンは塩キャラメル1種しかなく、新作は日本だけに向けて開発したのだそう。

これも茶葉を回していただけたのですが、桜の葉がたくさん入っていて、桜の花というより桜餅の香りがしました。
これも飲んでみたい!
こちらはマカロンの中に使われるクリームにすべく、ホワイトチョコレートと合わせるのですが、ホワイトチョコ232g(私の聞き違いでなければ、通訳さんそう言っていました)に対し、茶葉は4g。
意外と少ないですね。

b0263744_17301354.jpg

そして、完成品はこちら。
セバスチャン・ブイエといえば、セクシーなリップスティック型のチョコレートを思い浮かべる人も多いのでは?
あれを思わせる、唇模様のマカリヨン。

いただいてみると、ちゃんと桜の風味!
熱湯も使わず、ダイレクトに生クリームに、それもあんな少量しか入れていないのに、どうなってる。とびっくりしました。
これ美味しい~❤
中のホワイトチョコレートのクリームも、外側のゴージャスなダークチョコも、くどくなく心地の良い甘さ。
チョコレートコーティングを歯で割るときのパリリンとした感触、たまらない。

b0263744_17333622.jpg

ただ、生クリームに直接入れているせいか、フレーバードティーとして後からつけた香りはチョコレートになっても生きているけれど、茶葉が本来持つ香りや味は、まったく、わかりませんでした。
なんだか複雑な気持ちですね。
だって、それでも美味しいんだもん。

とびきりのチョコレート2つもいただいて満足だったのですが、私はこれ、紅茶飲みながらいただきたかった~、できれば原材料のを。
なので、ブイエさんへの質問タイムにお聞きし、どのブランドの紅茶か教えていただきました。
海外のティープレイスを紹介する雑誌の特集記事で見たことがあるブランドですが、日本には上陸していないと思います。
またフランスに行く機会があったら買おう。
そして、紅茶好きサイドからの紅茶とショコラのマリアージュについても、質問させていただきました。

食べ終わる頃、紙コップが配られだしたので、紅茶?と期待のまなざしで見つめたけど、ただの水だった…orz
テーマを。このデモンストレーションのテーマを思い出して!主催者の方々。

b0263744_17494116.jpg

およそ1時間ほどでデモンストレーションが終わり、セバスチャン・ブイエのブースに行ったら、マカリヨン、こんな感じで販売されていました。

ブイエさんのブースでのお目当ては、イートインでしかいただけない、ムースショコラ。
ソースをフランボワーズか柚子から、そしてトッピングをバター使用のクランブルか、パチパチはじけるキャンディをチョコレートコーティングしたもの(名前忘れた)から選べます。
私は柚子ソースに、パチパチキャンディのトッピング。
ムース状のチョコレートはじめて食べたけれど、口の中でほわわわ~と溶けて、美味しかったです♬
チョコレートに柚子は初体験でしたが、とても良い相性。

b0263744_17414657.jpg

つくづく感じたんですけれど、チョコレート愛好家の方々って、実に熱心ですね~
これだけ人が集まるっていうだけですごいけど(超満員すぎて数メートル動くのさえ大変だった)、チョコレート話題の会話があちこちから聞こえてきて、そのマニアックさと熱い語り口調に圧倒されました。
やっぱり来てたんですね~!とか、昨日も来たけど今日は誰それの新作が目当てで~、とか、みんなチョコレートファン同士顔見知り?みんなチョコレートでつながってる?という場面、何度も見ました。
こんなところに来てまで紅茶の要素を見出そうとしている自分、かなりアウェーだったわあ。
そして何か、あの熱さ、羨ましかったな~

1列目の人のメモを取る本気度が、すごすぎました。家で作るのかも。
b0263744_17212653.jpg



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆




おまけ。
別の日に食べた、ナオミミズノのチョコマニア。
チョコマニアがこの商品名だとわからず、チョコレートソフトクリーム下さい。ときっぱり注文しました。
水野直己さんがご自分で巻いてくれましたよ。
チョコソフト部分だけじゃなく、コーンが感激ものの美味しさ♬
b0263744_17470086.jpg



にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2015-01-26 21:33 | イベント | Trackback | Comments(2)

マカイバリ茶園のラジャ氏、現る

この写真は、今年の5月に私がダージリンのマカイバリ茶園でホームステイした際に撮影したものです。
茶園を案内してもらっているところですね。
今思い出しても、良い眺め~❤

b0263744_19591046.jpg

この茶園の農園主、ラジャ・バナジー氏が来日し、昨夜、東京大学で行った講演を聞いてきました。
マカイバリは、ダージリンで最初にバイオダイナミック農法を取り入れた茶園。
講演ではバイオダイナミックについてはもちろん、ダージリンの歴史、落馬がきっかけで茶園の経営に目覚めた話など色々聞けました。

個人的には、東大の図書館に飾られているラヴィンドラナート・タゴールの肖像画についての話から始まったことが、コルカタのタゴールハウスを訪れ、英語版の「ギタンジャリ」を含むタゴール作品集を買って帰り、帰国後に日本語版を探しまくって読んだ私には、とても印象的でした。

このポートレートはマカイバリ茶園のHPからお借りしました。
b0263744_20071722.jpg

ラジャ氏の講演の後は、今年マカイバリホームステイに参加したという、東大の学生たちのインド体験プログラムの報告がありました。
彼らはデリーで日本の企業や工場見学をしたのち、マカイバリを訪れたようです。
日系企業の見学と茶園訪問、なかなか結びつきませんね。

講演と報告会終了後は、部屋を移って交流会。
マカイバリの紅茶がいただける!とあって、私も参加しました。
申し訳ないのですが、交流よりも紅茶とフードが目当て…( *´艸`)
今年のセカンドフラッシュ、そして出来たばかりのオータムナル、オータムナルヴィンテージをいただきました。

最初の1杯がまず美味しすぎて、あっという間に飲み終えてしまいました。
味わっていただかないと、と思うのですが。
もう手が勝手に動くんですもの。勝手に口にティーカップを運ぶんですもの。

b0263744_07071216.jpg

私はかなり写真を撮る人だと思いますが、飲んだり食べたり喋ったりに熱中している時は、意外と撮らないのですよ。
だからほぼ写真なし。
ラジャ氏の写真は、まともなのは自分とのツーショットぐらいしかないため、載せられません…

私、マカイバリにホームステイしたんですよ、今年の春。と私が話しかけたら、ほんと?僕と会った?話したかな?と聞かれたので、残念ながらあなたには会えませんでした。でも今日会えましたね~♬ なんて会話をしました。

これは私の印象ですが、ラジャ氏は人の注目を集めるのと心をつかむ才能に溢れた方ですね。
宣伝に天才的な能力を発揮した、サー・トーマス・リプトンに似通ったものを感じます。

これはただの紅茶じゃないんだ、とラジャ氏は私のティーカップの中の紅茶を指さしました。
マジカル・ミスティカル・ヒマラヤン・ハーブって唱えてから、目を閉じて飲んでごらん。
飲みながら、強く心の中で願いごとを唱えてごらん。
そう言われて、その通りにして目を開けると、今から21日後にその願いは叶うよ、と彼は言いました。

パーティーが始まる前。こんな瞬間しか撮れていないほど、飲食とか飲食とかに熱中。
b0263744_19365729.jpg

茶園には製茶工場があり、工場にはマネージャーや紅茶づくりに携わる人々が大勢います。
けれども、茶園主が自らそこに住み、毎日茶畑を歩きテイスティングをし、そこで働く人々とその家族全員の名前と顔を覚えている(マカイバリ茶園には680人が住んでいるそう)、そんな茶園主は彼しかいないと聞きます。

本当のところは彼がどういう人物なのか、ほんの少し接した印象からしか、私には見えません。
例えば、紅茶の世界で偉大な業績を残した方の子孫に会ったからといって、その人自身がどんな人間かも知らないのに、興奮したり感激することが、私にはできません。
ですが、ホームステイ先の家族が、私がラジャ氏について質問した時、一瞬でパアッと笑顔になったのには、少し驚かされました。
彼は茶園の人々に愛されているのだな、と強く理解した瞬間でした。

これからも素晴らしい紅茶を、私たち日本人にも届けていただきたいものです。




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆




マカイバリのホームステイ体験について、私も学生さんたちに負けず、さっさとここに報告したいのですけどね。
インド旅行記はカジュラホで止まっていまして、まったく書き進みません(^_^;)
最近、体験したことを書かなくても自分の脳内で思い返すだけで大満足!な感じがあって。
でもこの週末は3連休ですから、カジュラホから駒を1つでも進めたいものです。
力を貸しましょう!という心の美しい方は、下のバナーに応援のクリックをよろしくお願いします♬

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2014-11-21 21:26 | イベント | Trackback | Comments(0)

スリランカフェスティバル2014


先週の日曜日、スリランカフェスティバルへ行ってきました!
告知していたように、今年はデング熱のウィルスを持った蚊のせいで、例年の代々木公園から会場が変更に。
ビッグサイト近くのシンボルプロムナード公園 イーストプロムナード 石と光の広場(長い)になりました。
この日は夏に戻ったかと思うぐらい、スリランカにふさわしい暑さの、良いお天気でした。

b0263744_22551903.jpg

このあたり、ゆりかもめに乗っている段階ですでに、アイザック・アシモフの世界だな~と感じるエリアですね。
肝心のフェスティバル会場ですが…私は危惧せざるを得ませんのですよ。
来年もここにしよう!と関係各位が言いだしているんじゃないかと。
だって、代々木公園よりきれいだし広いし整然としているし、早い話、何もかも良かったんですもの。アクセス以外。
例年、ナマステがすごくにぎわって、ランカフェスが年々淋しくなっていく…という印象だったのに、会場のせいか(ビッグサイトの旅博のお客が流れてきた?)国自体の人気の推移が影響しているのか、今年は逆転している!という体感がありました。

ただ、アクセスって大事でしょ?
例年ここだと、行くの大変なんですよね~

b0263744_23061869.jpg

こんな風にあちこちでスリランカの方々が音楽に合わせて踊りだしたりして。
ブースとブースの間でこんなことが出来るのも、空間が広いおかげだと思います。
いや、代々木公園でも同じことが出来たかもしれないけど、その場合広いからというより、出店数が少ないから幅が広く取れたと感じちゃうんだよねw

そんな感じで、スリランカの人気が高まっているせいか、整然としつつも例年より活気と賑わいがありました。
会場の良さがかなり影響しているんじゃないかな。

ステージの両脇にはこんなライオンとか。ステージ上にはウィッキーさんとか。
b0263744_23592670.jpg

ナマステインディアではまったく紅茶が手に入らないので、フェスで紅茶を買うならスリランカなのです。
スリランカ紅茶局(3種類ほど紅茶を売っていたけどものすごく淋しいブースだった。配布資料は品切れか、最初からそうなのか、何もなかった)をはじめ、セイロン紅茶専門店などの出店が、いくつかありました。
以前の記事で紹介しました、ルフナの有機紅茶農家を支援しているパルシックさんも出店されていましたね。
ウバがあったのが気になりました。
(以前のパルシックさんの記事はこちら⇒🍵

こちらは例年通り出店していたセイロンドロップさんですが、物販はジンジャービスケットとか、少しだけでした。
初日はもっとあったのかも。
私が行った時は、物販紅茶はティーバッグしかなかったです。
まあ水道橋のお店に行けば良いので、いいんですけれど。

例年通り、アイスキリテーをいただいたのですが…あれ、いつもより薄くない?というのが正直な感想。
あるいは、私の舌がインドのチャイの濃厚さに慣れてしまって、そう感じたのかもしれません。

b0263744_23174543.jpg

こちらはノリタケのブース。
ぽつねんと商品が飾られ、そして係りの人も誰もいない。
例年見ますが、何のために出店しているのか毎度、いまいち理解できていません。
まあでも、スリランカでこんなの作ってるんだね!と初めて知る方もいらっしゃるでしょうから、やっぱりあっていただきたい。

b0263744_23203816.jpg

スリランカでも見たことがない、かなりおしゃれなパッケージのカレーバウダーが売られていました。
見ていたら、スリランカのTVらしき取材クルーが。
買おうかかなり本気で考えていたのですが、どかざるを得ず、買いそびれました。
まあ、スパイス沢山買ったからいいもんね。

b0263744_23031128.jpg

こちらは私のお気に入りのスリランカレストラン、コートロッジのブース。
去年まではカップ2つを使ったアワアワのキリテーを実演販売していたのですが、それがなかった…淋しい。
代わりと言っちゃアレですが、スリランカ料理の中でも私の大好きなコットゥを作っていたので、しばし眺めました。
両手に持ったカッターだかで、派手な音を立ててカットしながら作るのです。
これが美味しいんだよな~

でも、今年はストリングホッパーという、極細のフォーのような白い麺にカレーをかけたものをいただきました。
ストリングホッパーも美味しくて、スリランカで私は朝ごはんによく食べていました。
白じゃなく、赤っぽい色のもあったりします。

b0263744_23443471.jpg

こちらは、スリランカ産のフレッシュマンゴーを使ったかき氷。
これ、美味しすぎた!!
マンゴーもパパイヤも、フルーツはスリランカ産が味がしっかりしてて断然美味しいと思います。
このかき氷のマンゴーは、トロンとした滑らかさと甘さがたまらなかった。
しかも夕方近くだったせいか、半額でいただいちゃいました❤

b0263744_23271474.jpg

こちらはミーキリ。
水牛のヨーグルトにクジャク椰子の蜜で作ったキトゥルシロップをかけたもの。
水牛のヨーグルトはカードという名前で、スリランカではスーパーでも市場でも売られています。
テラコッタの容器は保冷性が高く、持つと冷んやりしてる。
プラスチックの容器に入ったのも売っているけど、テラコッタ入りのが断然美味しい。
これが濃厚で、日本のヨーグルトみたいに乳清はほぼ出てこず、レアチーズケーキぐらいしっかりした固さ。
もうとにかく、ものすごく美味しい!!

家でこの味を再現したくて、ヨーグルトを一晩水切りしてキトゥルシロップをかけていただいたりしますが。
水牛と普通の牛は、濃厚さが全然違うんですね。
美味しすぎて幸せ~❤と思いつつ、あっという間になくなってしまった。

b0263744_23392379.jpg

アイスキリテー、ミーキリにかき氷と冷たいもののコンボでお腹がどうにかなってしまいそうなほど、たっぷり堪能しました。
食べてばっかりか!と自分でも思ってしまうほど。

一応紅茶も少しだけ、そしてカレー作りに欠かせないスパイスをあれこれ買いました。
これで十分な収穫でしたね。
衣類とか布ものなどの物販もありましたが、インドやネパール、他の国のものが混ざりまくっているということ、今はよくわかるようになりました。

タイミングが悪かったのか、キャンディアンダンスとサバラガムワダンスを見られなかったのが心残りだけれど、それはまたスリランカで見ようと思います。
今年はインドとネパールを旅して何か少し遠くなったように感じるスリランカ、まだまだ愛しくて訪れ続けたい国です。

スリランカ旅行や宝石などが当たるクジは、どうやら1回500円出して買うものだったらしいことが判明。
どうりで買い物しまくってももらえないわけだ…

b0263744_23515198.jpg



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



次の記事で、買ってきたものをご紹介しようかと思うのですが…
私の心は、スリランカの南西海岸の波のように気まぐれなので、どうなるか(^_^;)
まあ、気長に付き合ってあげましょう。というインド洋のように心の広い方は、是非下のバナーをクリックして下さいませ♬

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2014-10-02 23:55 | イベント | Trackback | Comments(2)

ルピシア グランマルシェ2014

忙しさに追われて書けずにいるうちに、日にちが経ってしまいましたが。
今更ですが、21日の日曜、ルピシアのグランマルシェに行ってきました。
会場は去年と同じく、池袋サンシャインの文化会館(でしたっけ)。
毎度、ナマステと同日なのがすごいですよ…1年は365日あるっていうのに…
まあ、どちらも2日間あるので行けましたけれど。

b0263744_10054125.jpg

今回の目玉と言えるのは、気になっていた The Book of Tea 100 です。
25日から発売されるんですね。
100種類のティーバッグの詰め合わせ。
100日間、毎日違うお茶っていうのはすごい!
けれども毎月送っていただくルピシアだよりについているティーバッグでさえ、手を付けていないものがたまっていくので、ここは控えましたけどもw

b0263744_09571793.jpg

いつも出かけるのが億劫になり、入場の最終時間ぎりぎりに行くので、試飲も少なくなっています。
それでも嬉しいことに、過去にはなかったと思うのですがアイスティーサーバーがあって。
ご自由にお飲みください。というのが嬉しい♬
キリリと冷えたダージリンや日本茶をいただきました。
サーバーはプラスチックで保冷性がないためか、氷がたっぷり入っているので、濃い目に抽出しているのかも。
水色もくっきりです。

b0263744_09594892.jpg

セイロンティーはスリランカ~光り輝く島~とか、ウバ~銘茶の誉れ~とか、すべてサブタイトル(?)がつくようになったんですね。
行った時には試飲はなかったですが、ルフナの販売もありました。
ルフナのサブタイトルは何だったかな、忘れた…

セイロンティーの試飲の係りの方は、ウバが世界3大銘茶の一つだということを、熱心に説明してくれました。
他の試飲の方たちに比べて、かなりの熱意でした。
(学生バイトじゃなくて、社員さんかなとか、余計なことを考えたり)

b0263744_10024976.jpg

毎回楽しみにしているのは、チャイの実演。
以前見たのと同じ女性が2Lのチャイを作るところを実演してくれました。
何度見ても飽きません。
インドで何杯も飲んだチャイ、あれと同じ味を日本で出せたらな~と思って、今回はかなりじっくり見ましたね。
ルピシア独特のアレンジもあって、今回はベースに加賀棒茶を使ったチャイのセットがあって、びっくり。
出来たてチャイの試飲は、アッサムベースでした。
間違いない美味しさですよ♬

フードも色々ありましたが、時間がなくて今回はさらっと見てさらっと試飲し、さらっと買い物して帰りました。
持ち帰ったものたちは、こちら。

予約特典のおみやげ、おなじみ茶パッチとクッキー&ドライフルーツ。
紅茶のお砂糖forチャイ、お茶のマカロン2種(ダージリン&ストロベリー、緑茶&グレープフルーツ)、そしてダージリン夏摘みのジュンパナ アッパー FTGFOP1 2014-DJ45。

チャイ用の砂糖は、実演でも使われていました。
原材料が椰子の花蜜液ということで、使うのがとても楽しみです。

ジュンパナは、試飲をしたら他の茶園とは一線を画するほど、私の好みでして。
ダージリンでいくらぐらいで売られているものか知ってしまうと、50gで2,700円というお値段(それでもグランマルシェだから普段の10%引)に軽くのけぞるのですが。
今年の夏摘みダージリンをまだ何も買っていなかったので、迷わずチョイス。
キャッスルトンの試飲があって気に入ればそちらを買ったかもしれませんが、あいにく試飲がなかった…(行くのが遅かった?)

b0263744_10212610.jpg

けれど、私が今回一番気に入ったのが、この試飲カップのデザインなのでした。
可愛いわぁ❤
王子が駱駝を連れているこのデザイン、なんだか好きなんです。王子&駱駝デザインのタンブラーも持っています。

ルピシアはもう創業20周年にもなるんですね~
ちょうど20年ほど前、紅茶が嫌いだった(!)私は紅茶好きな友人に出会って、紅茶の美味しさに目覚めていくことになるのでした。
何がどうなるか、わからないものですよね。
でも、ルピシアにはこれからもきっとお世話になることでしょう。

b0263744_10082030.jpg



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


連日12時間を超える勤務で、気絶しそうです。
昨夜は帰りの電車を寝過ごし、帰ってティーポットにいれた紅茶を飲み終わらないうちに寝落ちました。
朝、ポットに残っている紅茶を見て切なくなりますが、それはうがいに使います。
紅茶でうがいは風邪予防にもおすすめですよ。
そんな忙しさなので、記事が1週間前の出来事とかだったりしてしまいますが、励ましのクリックをいただけたら更新の気力も上がるのです♬

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

[PR]
by bestdropteaclub | 2014-09-27 12:34 | イベント | Trackback | Comments(0)

ナマステ・インディア2014

20日の土曜日。
肌の露出を避け虫よけジェルを塗りたくりつつ、ナマステ・インディアに行ってきました♪

b0263744_12003111.jpg

出店数も例年に比べると少なかったと思うけど、よくぞ開催してくれた、という感じです。
受付では、ご自由にお使いください。と虫よけスプレーが準備されていました。

ブースが少ない分、道幅が広く感じましたね~
以前は食べ物買っても、空いているテーブルスペースをなかなか見つけられずに苦労していましたが。
今年のゆったり感ぐらいでちょうどいいんじゃないかな、なんて思ったり。
食べている時は蚊が来ても避けきれないので、今年はそこでは一切何も食べませんでしたけどね♬

毎年お目見えのテラコッタたち。今年は大きなガネーシャがいませんでした。
b0263744_08370914.jpg

真っ先に向かったのは、メヘンディのブース。
ナマステだととてもお得なので、毎年欠かさずやっていただきます。
ここで描いてもらって、それを乾かしながら会場をぶらぶら見て回る感じですね。

メヘンディ、インドではバラナシでやってもらいました。
コルカタでは、メヘンディのデザインがたくさん載っている雑誌を買いました。
あちらでは週刊誌?まであったりするようです。

普段メヘンディ描く仕事をまったくやってないというお嬢さんが、見本の写真をそっくりそのままコピーする、というやり方でお安くやってくれました。
(彼女が普段はまったくやっていないことを知ったのは、描きはじめた後。それ先に言って!)
線の細さとかオリジナリティとか考えたら、メヘンディで食べている上手い人にやってもらったほうが良かったなあ~とか思ったわりに、腕を見るたびに嬉しくなってます。
自分で描けたらいいのに、絵心ないんですよね…
来年か、インドかネパールでまたやってもらおうっと。

b0263744_08133121.jpg

ナマステで買っているものは、毎年大体同じですね。
レトルトのカレー。
野菜か豆類、パニールというチーズを使ったたくさんの種類のカレーがありまして。
北インドのがいいんだけど。というと、2つだけ南で他は全部北インドのよ!という店員さんの返事。

インドでは早々にお腹を壊してしまい、カレーをほぼ受け付けなくなってしまったことが、とても悔やまれるのです。
特に、パニールカレーなんてとてもメジャーなのに、インドで一度も食べなかったのがああもう、って感じです。
なので、ここではパニール2個も選んじゃいました。
それでもその2つは違うカレーなのです。バリエーション豊富ですね。

4個で千円ですが、おまけにビンディマサラというオクラの炒めものみたいなのもくれました。
カレーのパッケージがプリントされたショッピングバッグも可愛いのです。
不織布のものなので、普通にエコバッグとして使えます。

あと、カレーのためのステンレス製食器たちも買いました。
葉っぱの形のステンレスのトレー、一度行ったインド料理教室で使っていて可愛い!と思ってたんです。
同じのがあったので、サイズ違うのも含め即買い。

インド食器の写真がないのは、シルバーにどうしても自分が写りこむからです。
あれ、困っちゃいますよね。
b0263744_08314915.jpg

あと欠かせないのが、インセンス。
1年に使うお香をすべてここで賄います。
毎日は使わないので十分足りるどころか、去年買ったのが使い切っていないので3つだけ。

気になったのが、ティーローズ。
花に疎いので、バラと紅茶の香りをミックスしたのかしら?とか思って調べたら、ティーローズって品種のことなんですね。
以下引用です。

「バラの香りは大きく二種類に分けられます。
ひとつが、甘くゴージャスな香りのダマスク系(ヨーロッパの花)。
もうひとつが、紅茶に似た上品で優雅な香りのティー系(中国の花)。」

「18~19世紀頃にヨーロッパへ、中国の園芸品種が渡りました。
それにヨーロッパの園芸品種を交配して作られた、当時の新しい品種群がティーローズです。 」

「紅茶の香りは、原種のひとつ、ロサ・ギガンティアに由来するもので、ジメトキシメチルベンゼンという香気成分が主成分となっています。 」

うーむ、ためになりますなあ。
バラの香りを味わって、紅茶に香りが似ているなあと思ったことがないのは、紅茶の香りが千差万別だからでしょうか。
ウバかダージリンかそれともキームンか、紅茶によってまったく香りが違ってくるので、似ていると言われても具体的なイメージがわきません。
どなたかにバラをプレゼントされた暁には、もっと香りの違いに注意を払おうと思います。

b0263744_08471034.jpg

インセンスの下に敷いているストゥールとか、細々した装飾品なんかも去年はあれこれ買ったけど、今年は円安のせいか?お値段も上がっていたりして、結構抑え気味でしたね。
スパイス類、まったく売ってなかったし。(私が見つけられなかっただけ?)
これは毎年のことだけど、去年まで紅茶がほぼなかったのが、今年はもうまったくないと言い切れる状態。
(トゥルシっていうハーブティーだけありましたが)

でも、インドらしい空気を楽しませていただきました。
インド行って以来、インドでカレーが満足に食べられなかった悔しさからか、すっかりカレー作りにはまってしまいまして。
ここで買ったインド食器たちが今後、大活躍してくれることでしょう。

でもやっぱり、今すぐにでも、本物のインドに行きたーい!

b0263744_08100559.jpg



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


ところで。
27・28日のスリランカ・フェスティバルは、会場がシンボルプロムナード公園(イーストプロムナード石と光の広場)になったそうです。
東京ビッグサイトの近くですって。ああ遠くて面倒くさ…

今日ランチを食べたスリランカ料理店でもらったチラシを見ると、抽選会の8等賞がサファイヤのネックレスですってよ奥さん!8等賞がよ?
3等がポケットティッシュぐらいの抽選でもありがたいっていうのに、すごいわスリランカってば。
(何このキャラw でも楽しい♬)

もっとも、私は毎年結構なお金をランカフェスで使っていますけれど、抽選券、1枚ももらったことがありません\(^_^)/
どうなっているの?5万円ぐらい買い物しないともらえないの?

そういや私ももらったことないわ!という方は、握手代わりに下のバナーをクリック!してくださいな♬
にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2014-09-23 17:40 | イベント | Trackback | Comments(0)

モナンのシロップで広がる、紅茶の世界

紅茶に様々なバリエーションをつけたい時、とても便利なシロップやフルーツソース。
その世界的メーカー、Monin モナンの東京スタジオで行われた紅茶研究会に行ってきました。
この研究会はティーインストラクターの同期の研究会で、特別に開催していただいたもののようです。

b0263744_23052057.jpg

1912年、ワイン・リキュール商としてフランスのブールジュで創業したモナン。
現在日本では62種類ものシロップのほか、フルーツミックス、グルメソースなどを取り扱っています。

研究会の前半はモナンの歴史、商品説明、実際に商品がどんなところでどんなふうに使われているか、などのご説明をいただきました。
そしてモナンの講師の方に、商品を使ったドリンク作りのデモを見せていただいたのですが。
手つきの鮮やかさもさることながら、あっという間に様々なドリンクが出来上がり。
シロップをストレートのダージリンで割っただけでも良し、さらにソーダやミルクを合わせても良し。
シロップも1種類ではなく、何種類かを組み合わせれば、無限にバリエーションが広がるのです。

バーテンダーとしてニューヨークなどで活躍されたという講師の方の手さばきに、ほれぼれ。
b0263744_23105976.jpg

こういったシロップ類はリカーショップや輸入食料品店などでよく目にしますが、これほどのラインナップがあろうとは。
日本で販売のある62種類でもすごいのに、フランス本国では150種類も扱っているという話ですよ!

こちらのスタジオではなく、実際にとあるカフェでチャイを注文しましたら、チャイティー・シロップをお湯で溶かしただけのチャイが出てきたことがあります。
モナンさんのシロップだったかは忘れましたが…
お湯だけだったので、チャイというよりはスパイスティーでしたが、なかなか本格的な味でした。
ミルクを入れてくれればもっとチャイだったと思いますが、手軽にチャイをいただきたい時にはかなり便利。

中には見た目の色が派手なものもありますが、厳選された高品質な材料を使い、香料も果物など天然のものを極力使っているそうです。
b0263744_23152584.jpg

デモの後は、実際にスタジオにある商品を使って、自分たちでドリンク作りに挑戦!
スタジオに置いてある商品をどれでも、好きなだけ使っていいのですよ~!
なんて贅沢なんでしょ。
紅茶はダージリンをご用意いただき、みんなで様々な組み合わせを試してみます。

トリプルセパレートティーを、こんな小さな試飲カップに。
可愛いわぁ♬ ストラップにしたくなりますね(^-^)

b0263744_23191748.jpg

モナンさんでは、シロップやフルーツソースだけではなく、フラッペベースというパウダーも扱っています。
スタバなどのフラペチーノ類にはほとんど、こういったベースとなるパウダーが入っているそうですよ。
まったく知らなかった~まだまだ知らないことだらけですねえ。

友人は、このフラッペベースのチョコレート味を使い、ブレンダーという専門店のようなマシンでティー・スムージーを作っていました。
上にホイップクリームも絞って、本当にカフェでいただくような1杯が完成。

友よ、講師の方を自分のアシスタントにしていたのは君だけだ。
b0263744_23290937.jpg


私も気になったシロップを片っ端からテイスティングし、アレンジティーも作りましたが、濃ゆい緑色を合わせるのは紅茶にはきついな。ということを確信したところで、お時間となりました…orz
あっという間の、充実した体験でした♬

紅茶は良い品質のものを、そのまま飲むのが最高!と思っている私ですが、季節やその時の気分、毎日いただく紅茶に変化をつけて楽しみたい時など、こういうアイテムをもっと上手に取り入れたい!という気持ちになりましたね。

そんな気持ちを汲み取って下さったのか、帰りにはモナンさんからシロップのお土産が❤
カラメルと、ピンクグレープフルーツという、かなり使い勝手の良さそうな2種類。
う、嬉しすぎる!
これはアレンジティー作りに励むしかありませんね(^-^)

こんな素敵な体験をさせて下さったモナンさんと、この研究会を企画・運営してくれた同期インストラクターの役員の方々、参加者のみなさまに感謝なのです♬

あまりに可愛いストラップがあって、こちらはお土産ではなかったのですが。
いいなー欲しいなー❤ という強すぎる念が通じ、こちらもいただいてしまった(^-^)

b0263744_23242999.jpg


             ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


にほんブログ村のハーブ・紅茶ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回、ポチッとして下さると、頑張って記事を更新したい気持ちが沸いてくるシステムですよ♬

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
[PR]
by bestdropteaclub | 2014-08-27 12:00 | イベント | Trackback | Comments(0)

西荻茶散歩2014、楽しさをおうちに持って帰ろう編

さて、ニシオギチャサンポー2014、最後の記事です。
チャサンポーでお持ち帰りしました、美味しく楽しいものたちをご紹介。

西荻郵便局では、毎年チャサンポー限定の記念切手が発売されています。
今年のテーマは「西荻窪のスイーツとパン」。
待ってましたという感じの、今までで一番心ときめくデザイン!

b0263744_07582200.jpg

そして郵便局では、マスコットのぽすくま君がお出迎え。
今年はこの子の記念印も作ったということで、私も購入したチャサンポー切手に押していただきました。
マスコットとかどうでもいい!一緒に写真なんて恥ずかしいわ!
などと思っていた私ですが、誰も相手にしてくれなくても愛らしくふるまっていたり、かまってくれる人が現れたらいちいちポーズを決めてくるといった、ぽすくま君の中の人のけなげさに心打たれました。
え? 中の人などいない?

左手に切手、右手で撮影。チャサンポー切手、彼に持たせたら辛そうだったので。
b0263744_08003935.jpg

多分、チャサンポーで一番行列作るのはこちらじゃないかしら。
エイミーズベイクショップ。
今年に入ってからだけでも、スイーツ特集などの雑誌に登場しているのを2回ほど見ました。大人気ですね。
今年もチャサンポー限定マフィンが2種類登場!
アップルとジンジャーでした。
去年の抹茶のマフィンが感激ものの美味しさだったので、今年もお茶ものを期待したのだけれど。
アップルマフィンと、チャサンポー以外の時も販売していますが、グリーンティーケーキを購入。
やっぱりエイミーズさんのマフィンは絶品!

b0263744_07562915.jpg

happy DELI と URESICA(ウレシカ)に1日だけ登場したパン屋、ツキモバザールのパンたち。
happy DELI ではカイザーロールとチョコチップエピ。
ツキモバザールではベーコン&カマンベールのパンとフルーツブレッドをお買い上げ。
特にhappy DELI さんのパンが、クオリティ高くてびっくり。あっという間に食べ終わってしまいました。
ベーコンとカマンベールのパンに黒く点々と見えているのは、ホールの黒コショウ!

b0263744_07585233.jpg

Sajilo Clove(サジロクローブ) のイラムティーと、香川まつりだった Loupe(ルーペ)で買ったレモン、そして woolly woolly(ウーリーウーリー)の静岡産甘夏みかんのコンフィチュール。

b0263744_08103023.jpg

サジロクローブはネパール・インド料理のお店です。
洗練されていますが、ネパール料理が恋しくなったらここに駆け込もう!
イラムを訪問して素晴らしい紅茶を手に入れたのですが、ネパールで毎日飲んでいたミルクティーが恋しくて。
ネパールではCTCはお土産的な小さなものしか買わなかったので、CTCだと思ってここで買ったら、リーフでした…
でも安い。チャサンポー限定で半額、200円です。
ネパール人の店員さんはポカラ出身、ポカラ話で盛り上がりました。

去年買って忘れられない美味しさだったコンフィチュール。
原材料は甘夏みかんとグラニュー糖のみ。グラニュー糖の量は極限まで少なくしているそう。
去年は白(グラニュー糖)と黒(黒糖か何か)があったのですが、今年は蜂蜜があったらしい。売り切れてなければ欲しかったなあ~
そしてレモンは、豊島産無農薬。四国の太陽をたっぷり浴びたレモンです。
葉つきの果物って、心ときめきます❤

このイラム紅茶、レモン、コンフィチュールで、暑い日向けの冷たいアレンジティーを作りました。
原材料が良いものだと、どうしたって美味しく出来ますね♪

いただく時はレモンとコンフィチュールをかき混ぜて。レモンもコンフィチュールも自然な味わい。美味しすぎる!
b0263744_16003280.jpg

こちらは西荻研究所で購入、西荻ゆかりの文学者たちデザインのブックカバー。
西荻ゆかりの文学者って、こんなにいたの?!ってびっくりです。
紙製、赤青黒と3色200円とお手頃な西荻グッズ。
紙だとボロボロになってしまいそうで、もったいなくて使えていません。
高くてもいいから布製が欲しいなー
これを見て、前から気になっていた中井英夫「虚無への供物」を読み始めました。はまります!
このミステリーを読むときはこの紅茶を飲もう、なんて考えるのも、楽しいものですよね♬

b0263744_07584194.jpg

女子力炸裂の西荻グッズが満載、ギャラリーカドッコで購入。
やかんコースターとポットスタンプ、そしてクッキー。可愛すぎる!
いきなりツボ過ぎるコースターは迷わず2種とも購入。
スタンプは手作りなので1つ1つデザインが違い、どれもこれも欲しくなって困りました。
そしてクッキー❤ もったいなくて食べられない!でも食べる!

b0263744_07573949.jpg

そんな感じで、3回にわたってお届けした西荻茶散歩2014のお話は、これでおしまいです。
来年のチャサンポーも、その次も、きっとずっと、楽しみにしています。

「アフタヌーンティーへようこそ」が今年のテーマだったgalerie non(ギャルリーノン)で購入のポストカード。お茶会に使いたい♬

b0263744_08022193.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2014-06-22 16:13 | イベント | Trackback | Comments(2)


毎日を、紅茶と一緒に


by bestdropteaclub

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
金沢、2014
紅茶レッスン
スリランカへの旅2012
パンと一緒に
紅茶のおいしい場所
イベント
本日のお茶
愛しの紅茶道具
インド、2014
ネパール、2014
ブログ
Corpse Reviver
京都、2015
アフタヌーンティー
アドヴェント・ティー2014
Corpse Reviver
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

Cupotea 紅茶教室

最新のコメント

Best Drop Te..
by Micanda at 13:44
Micandaさん ..
by bestdropteaclub at 23:06
Best Drop Te..
by Micanda at 23:14
> まろんさま コメン..
by bestdropteaclub at 21:26
> キンポウゲさん こ..
by bestdropteaclub at 17:39
焼きたてスコーン、とても..
by キンポウゲ at 10:31
> キンポウゲさま お..
by bestdropteaclub at 19:23
お久し振りです^^ 壁..
by キンポウゲ at 18:01
> キンポウゲさん ダ..
by bestdropteaclub at 09:16
先日も楽しく勉強になるお..
by キンポウゲ at 23:09

メモ帳

最新のトラックバック

オペラ・ブッファの最後の名曲
from dezire_photo &..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

参加者募集♫ クリームティー..
at 2017-05-20 20:38
キーママタルとアイスチャイ@..
at 2017-05-14 12:20
ほうじ茶バゲットのサンドイッ..
at 2017-05-04 15:31
イースター、お茶とお菓子とレ..
at 2017-04-19 19:24
参加者募集♪ 「西荻のパンが..
at 2017-04-15 19:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
旅行・お出かけ

画像一覧