<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

西荻茶道部で、猫と出会う

西荻窪のギャラリーカドッコさんで開催中の「西荻茶道部」。
西荻中心に活動されているお茶のお店などの中国茶、紅茶、焼き菓子、
お茶道具などが、小さなすてき空間にぎっしり。
見ているだけでワクワクしますよ。

そこで見つけた、可愛らしい猫型シュガー、CAT。

b0263744_14535469.jpg

原理としては、ただいま人気の「コップのふち子さん」と同じですね。
食べられる分、こちらのが実用的かな。

b0263744_14562320.jpg

同じく西荻茶道部で買いました、寅印菓子屋さんの桜あんパウンドだったか、とともに。
和菓子っぽい味わいを期待して、紅茶はヌワラエリヤのコートロッジ茶園を。
考えてみれば、私はコートロッジに砂糖を入れたりしないのですが、
CATを早く試してみたくてつい開けてしまった。
猫は薄めでそれほどの量がないためか、ヌワラエリヤに入れても甘ったるいような
違和感もなく、少し草っぽさが苦手な人はむしろこちらのほうが好みかも、
と思えるような違った味わいを楽しめました。
やっぱり桜パウンドとの相性、ばっちり。
寅印さんのお菓子は、とってもていねいな味わい。

b0263744_14565686.jpg

西荻茶道部は明日、31日まで。
[PR]
by bestdropteaclub | 2013-03-30 15:00 | Trackback | Comments(0)

あなたのお店のお勧めは?

初めて訪れる紅茶専門店では、私は紅茶について何も知らないような態度で、
おすすめの紅茶は?という質問を必ずと言っていいほどします。
本当にお店のおすすめの紅茶を知りたいというよりも(もちろんそれも知りたいけれど)、
お店の方が紅茶についてあまりよく知らないお客さんにどれぐらい親切に説明してくれるか、
紅茶のことをどれだけ楽しそうに他の人に伝えられるか、に興味があるのです。
(嫌な客だわ~)

紅茶の本などで何度も目にしていていつか行かなければと思い続けながら、
場所があまりに馴染みがないために行く機会のなかったお店に、冬の頃、ようやくの初訪問。
「MOHINI モヒーニ」さん。
曙橋ってどこよ…みたいな感じで、見知らぬ道を不安を抱きつつ歩き、どうにか到着。

上記の質問をぶっつけて、しばし考えたのち私が頼んだのは、ダージリン キャッスルトン茶園
ムーンライト オータムナル FTGFOP-1 DJ-355 です。
自家製らしきジャムの添えられたスコーンも一緒に。

b0263744_21411282.jpg

これは美味しかったですね~。
セカンドフラッシュほど香りが押し付けがましくなくて、ダージリンでしばしば頭痛が
出てしまう私でも、たっぷりダージリンの良さを楽しめました。
ここぞというときの瞬発力というか、一瞬で強烈な印象を残す紅茶のきらめき、
けれども秋摘みならではのほっとする味わい、というものを存分に
見せ付けられた感じがしました。
スコーンは小ぶりで、ほっくり柔らかい感じ。
ジャムも美味しくてとても食べやすいです。

その後、2週間ほど経ってからまた伺いました。
このとき飲んだのは、セイロンティーの専門店でもなかなかお見かけしない、「キリティー」。
「キリテー」とシンハラ語表記でないことにやや不安を感じ、個人的にはその予感は
的中してしまったので(美味しくないということではなく、私が飲んだスリランカのキリテーとは
別物と私には感じる、というだけです)、キリティーのことは今回書きません。
1時間ほど紅茶を飲みながら本を読んで過ごした後、閉店時間近くにお会計をし、
そのときにご主人とお話をしたら、そのままレジ前で1時間半近く立ち話…
同じ紅茶団体の先輩でいらっしゃったことも判明し(というか私が知らなさすぎた…
失礼いたしました)、とにかく怒涛の紅茶話に花を咲かせてしまいました。
座って紅茶を飲んでいた時間より長い立ち話に、こうなったらもう座らせて。
そして別の紅茶をプリーズ。と何度思ったことか。

そんな感じのお話好きなご主人に、是非お店に行って「おすすめの紅茶は?」という質問を
ぶっつけてみていただきたいですね。
人懐こい笑顔や親切さや、過剰なまでの丁寧さを期待すると裏切られるかもしれませんし、
紅茶について熱心に「お勉強」されている方なら、意見がぶつかることもあるかもしれません。
けれども、ご主人がいかに紅茶に対して真摯に向き合っているかということは、
同じように紅茶を愛する方になら、きっと感じ取れるのではないでしょうか。

b0263744_2232940.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2013-03-28 23:10 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

Alfred Meakin作、「セイロンティー」

テレビを見ながら手軽に飲み物と軽食がいただけるように、ソーサーの上に
カップがセットされた食器を、テレビセットとか、スナックセットと言います。
私はこれが大好き。
いくつか持っているのですが、先日手に入れたものは、特別の思い入れがあります。

はじめて見たのは多分3,4年前、古い道具を扱っているお店のカタログでした。
当然のごとく、すでに売り切れ。
実物をはじめて見たのはそれから数年後、去年、スリランカの紅茶博物館で。
ガラスケースに展示されていたのを、ここにあるなんて!と興奮しながら見つめていました。
実物を見たのはその一度きりでした。

古い道具は、出会いのタイミングがすべてと言っても過言ではありません。
が、願いつづければ、どうにかして出会えるものです。
そんなわけで、今はわが家に。

イギリスはアルフレッド・ミーキンのテレビセット、「セイロンティー」。
スリランカのプラッカーレディーと茶畑が描かれています。
1960~79年の作品のようですが、はっきりしません。
紅茶博物館では説明まったくなかったし。

b0263744_18241827.jpg

茶が笹の葉みたいに見える…とかそんなことはどうでもいいの。(え
この「セイロンティー」で最初に飲んだのはもちろんセイロンティー、
大好きなラブーケリー茶園のBOPF。
これでいただくと、味も格別に感じます。

b0263744_1825371.jpg

日本では実物にお目にかかることもなかったので、手に入ったのが本当に嬉しい。
願い続ければ、何年かかっても願いはきっと叶う。
そんな励ましをもらったような気がします。

紅茶博物館で展示されている様子。
運転手のジャイに、あのテレビセットが欲しいんだよー!と語ったのを思い出しました。
b0263744_18294639.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2013-03-27 18:40 | Trackback | Comments(0)

Tea, Honey and Bread

今、なんとなく蜂蜜まつりです。
カルディで購入の蜂蜜美味しくて、紅茶に入れてキャンブリックティーを楽しむのは
もちろんのこと、パンにつけたりヨーグルトにかけたりと、大活躍。

b0263744_11254973.jpg

私はジャンナッツの回し者ではないのですが、登場頻度高いですよねw
それだけ身近でお手頃価格ということです。

この日はキャンブリックティーと、ゴントランシェリエ東京のパンでモーニングでした。
こちらの紫蘇とソーセージのパン、とってもお気に入り♪
キャンブリックティーはやはりお砂糖とはまったく違った、独特のコクがあります。
夏はアイスにしても美味しいですね。
やっぱり朝の紅茶とパンは欠かせません。

b0263744_1127157.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2013-03-23 11:33 | パンと一緒に | Trackback | Comments(0)

シッキムとプレスタのチョコレート

バレンタインの時、チョコレートをあれこれ楽しみました。
上野の国立科学博物館で開催されたチョコレート展にも行きましたが、
チョコレートと紅茶の共通点の多さに驚きました。
同じ農作物、暑い国で採れることがその理由でしょうか、とても興味深い展示でした。

イギリスの紅茶文化について学ぶと必ず登場するコーヒーハウス。
真ん中の男性がいれているのがチョコレートです。

b0263744_2254494.jpg

こちらはバレンタイン後に購入したプレスタのチョコレート、ロイヤルミルクティー味。
ウェハースという極薄のチョコレートですが、なんとシッキムが使われています。
シッキムはテミ茶園というたった一つの茶園しかなく、希少な紅茶である上に、
お隣のダージリンととても似た味わいでストレート向き。
ミルクを入れて飲むなんて思いつきもしませんでしたが、これをロイヤルミルクティーの
チョコレートにするって、どんななの?と相当気になって。
発売初日に駆けつけてしまいました。

b0263744_2373429.jpg

プレスタのロンドンのお店はアーケードの中にあり、小さな店内に
ぎっしりとチョコレートがあった記憶があります。
パッケージが美しく、本店でしか買えない量り売りのトリュフが美味しいので、
私もロンドンに行ったときに沢山買って帰りました。
その時は、このウェハースのアールグレイバージョンも買いましたの。

一緒に飲んだ紅茶は、シッキムの春摘み FTGFOP-1。
この紅茶、本当に美味しいです。
香りが素晴らしく華やかで、私はダージリンよりも好き。
これがセカンドフラッシュだったら、チョコレートに合わせてロイヤルミルクティーに
挑戦してみようか、なんて考えてしまったりもしますが、春摘みでやる勇気がないわ…

b0263744_2313568.jpg

チョコレートも華やかな香り。
それはそれは、優雅で贅沢なティータイムでした♪

チョコレート展にて、チョコレート製のパンダたち。
紅茶になくてチョコレートにあるものは、こういう造作技かしら。
b0263744_2343559.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2013-03-09 23:30 | Trackback | Comments(0)

スリランカの魚のカレー

これは、スリランカでの一枚。
ヌワラエリヤのマーケット内にある魚屋さんです。
島の中央部、山岳地帯にあるヌワラエリヤでも、新鮮な魚が手に入るんですね。

b0263744_1122353.jpg

真ん中の大きな魚、これを豪快に欲しい分だけ切ってもらいました。
これでスリランカ人が作ってくれたフィッシュカレー。
とても美味しくて、今でも時々無性に食べたくなります。
なので、自分で作りました。

b0263744_1141046.jpg

作ってくれるのをそばで見ながら、何を入れているのか、どうやって作るのか覚えました。
が、ほとんど目分量なのですね。
よくわからないところはスリランカのアーユルヴェーダの料理本を参考にして、
自分なりにアレンジ。
魚はキハダマグロを使いました。

玉ねぎもたっぷり入っております。
b0263744_1152850.jpg

色んなスパイスが沢山入っていて、日本人向けアレンジ一切なし。
これぞスリランカの味!とても美味しくできました。
が、我ながら予想以上の辛さにびっくり。口の中が焼けるよう。
これはすぐさま甘いミルクティーを飲まないと!

食べ終わるなりたっぷりのミルクティーをいれました。
ついでに、ミスドの桜ドーナッツ。
あーほっとした。

桜シリーズ美味しくて、全種類制覇したい。
b0263744_1171041.jpg

それにしても、あのカレーはくせになります。もちろん食後の甘い紅茶も。
スパイスと紅茶が同じ国で採れるというのは、うまく出来たものですね。
カレーを作るとその後しばらく、どんなに換気扇を回してもキッチンにスパイス臭が
充満するのがアレですが、次は豆のカレーを作ろうと思います。

カレーを作る前に紅茶をいれてくれたので、それを飲みながらカレー作りを見ていました。
ヌワラエリヤで飲むヌワラエリヤの紅茶、美味しかった~

b0263744_1245845.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2013-03-04 07:45 | Trackback | Comments(0)

ラドリオ

とっくに過ぎた話、冬のとある日のできごとです。
水道橋あたりに用があり、うっかりやたらとキラキラした景色を見てしまった後、
ぶらりと神保町まで歩きました。

寒い季節の、キラキラした景色。
b0263744_41153100.jpg

あの街は古本だけでなく、中古CDのお店も充実しているんですね~
クラシック専門の中古CD屋で3枚手に入れ、その後に訪れたのは、ラドリオ。
見事なぐらいクラシカルな喫茶店です。

b0263744_4124632.jpg

日本で最初にウィンナーコーヒーを出したのがラドリオだそうですよ。
だから紅茶もウィーン風にしたくなったのでしょうか。
メニューにウィンナーコーヒーならぬ、ウィンナーロイヤルミルクティーを見つけてしまったら、
これは頼まなくちゃね。

店の雰囲気にぴったりのC&Sは、ノリタケでした。
b0263744_414182.jpg

うーむ甘すぎる。そして痛感。
あのホイップクリームは、ビターなコーヒーと合わせるからこそ価値を発揮するのですね。
甘いロイヤルミルクティーにのせるものではないな…まったく喉が潤わないし。
もったりしすぎて、飲み物というよりスイーツ寄りな感じです。
某店のアイミティーなどは激甘ですが、それでもゴクゴク飲めるし喉も潤うのは、
クリームじゃなくてさらりとしたミルクだからなのでしょう。
味そのものは悪くないけれど、パフェなどとはまた違ったこのもったり感、
私にはきつかったです。
カップが小さめなので全部いただけましたけれど、ゆーっくりちびちび飲みました。

けれどもそこは、古式ゆかしき純喫茶。
ここは雰囲気を楽しむ場所なのだと感じましたので、ゆったりと過ごしました。
いるだけでいいの。そんな感じ。
お土産にいただいたマッチも、懐かしい感じ。
ということで、機会があったら別の紅茶メニューで、またいずれ。

ウィーンでウィンナーコーヒーを飲みたいときは、アインシュペンナーと注文しましょう。
b0263744_4164913.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2013-03-03 14:30 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)


毎日を、紅茶と一緒に


by bestdropteaclub

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
金沢、2014
紅茶レッスン
スリランカへの旅2012
パンと一緒に
紅茶のおいしい場所
イベント
本日のお茶
愛しの紅茶道具
インド、2014
ネパール、2014
ブログ
Corpse Reviver
京都、2015
アフタヌーンティー
アドヴェント・ティー2014
Corpse Reviver
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

Cupotea 紅茶教室

最新のコメント

Best Drop Te..
by Micanda at 13:44
Micandaさん ..
by bestdropteaclub at 23:06
Best Drop Te..
by Micanda at 23:14
> まろんさま コメン..
by bestdropteaclub at 21:26
> キンポウゲさん こ..
by bestdropteaclub at 17:39
焼きたてスコーン、とても..
by キンポウゲ at 10:31
> キンポウゲさま お..
by bestdropteaclub at 19:23
お久し振りです^^ 壁..
by キンポウゲ at 18:01
> キンポウゲさん ダ..
by bestdropteaclub at 09:16
先日も楽しく勉強になるお..
by キンポウゲ at 23:09

メモ帳

最新のトラックバック

オペラ・ブッファの最後の名曲
from dezire_photo &..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

参加者募集♫ クリームティー..
at 2017-05-20 20:38
キーママタルとアイスチャイ@..
at 2017-05-14 12:20
ほうじ茶バゲットのサンドイッ..
at 2017-05-04 15:31
イースター、お茶とお菓子とレ..
at 2017-04-19 19:24
参加者募集♪ 「西荻のパンが..
at 2017-04-15 19:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
旅行・お出かけ

画像一覧