<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

姫路の朝は、Tsukushiでモーニング

前回、前々回の記事にやたら「時間がない」と書いた大阪滞在、激しく時間が
足りなかった理由は、その日の夕方ぐらいまで姫路にいたからです。
関西で紅茶の美味しいお店を訪ねるはずが、なぜか姫路城見学に予想外の時間を
使っていました…(;^_^A

ここは日本の名城について熱い想いをぶつけるブログではないので、簡単にしか書きませんが
(でも書くんだねw)、今は工事中で外観が哀しいことになっているとはいえ、さすが世界遺産。
姫路城、かなりの見ごたえがありました。
来年の大河ドラマの主人公、黒田官兵衛の特別展示などやっていましたよ。
官兵衛は、18人いた姫路城主のうち唯一、姫路城の中で生まれたのだそう。
大河効果で、姫路は地味に盛り上がっていました。

これは天守閣ではありません。
天空の白鷺と言われる天守閣の外観は、切なくてお見せできません~
b0263744_23275070.jpg

さて、姫路に美味しい紅茶のお店なんてあるのでしょうか?
日本紅茶協会認定の「美味しい紅茶の店」のリストを見ると、姫路市内、1軒だけあるんですね。
私はこの認定制度、なぜあのお店が入ってないの?とか、なぜあのお店が入っちゃってるの?
という感想がいちいち飛び出てくるので、正直、普段は当てにしていません。
一度、この認定を受けているのにあまりにも残念な紅茶を出してきたお店に行ってしまった時、
そのお店を担当した調査員の実名を、心から知りたい。と思ったぐらいです。
私、このブログは相当気を使って書いていて、たとえそう感じたとしても今まで一度たりとも
「まずい」という表現を使ったことはなく、出来るだけ良いところを見つけて書かせて
いただいているのですが。
いくら個人の好みに違いがあると言っても、ただのお湯かというぐらい
薄い紅茶を出されて、個人の好みのせいには出来ないよねー。
さてどこ褒めたらいい?あーもう書けないボツだここは!となったこともありました。
ですが、あまりにも馴染みのない土地で、ある程度まともな紅茶が飲めそうなお店を
探すには、何のガイドもないよりは、やっぱり役に立ちますの。
道を歩けば喫茶店やカフェが沢山ある東京と違い、地方に行くときにはこの制度、
相当な力を発揮してくれます。

さて、このお店は姫路駅からバスで20分ほどかかります。
ローカルバスって、地元民以外が使うのは難易度高いのであまり乗りたくはないのですが、
そうも言っていられない。
お店はバス停降りるとすぐそばにあるのに、一度地元のお嬢さんに道を聞く、という工程を
入れないとたどり着けないのは私だけ、だといいのですが。

お店の名前は、Tsukushi。
昔の漫画に出てきそうな、絵に描いたようなザ・喫茶店という趣でした。
2階はアパート…ですかね?

b0263744_23155047.jpg

メニューがかなり豊富。
早朝、姫路に着くなりほぼその足で向かったので、モーニングタイム。
名古屋の喫茶文化の発達は知っていますが、姫路でもそうなのか、
このお店だけがそうなのか?
ドリンクを頼むと、モーニングが無料で付いてくるのです。太っ腹!
ということでディンブラと、選べるモーニングのうちアーモンドシフォントーストをチョイス。

モーニングタイムは7時から11時。早朝から開いていてありがたいですね。
b0263744_20201638.jpg

運ばれてきた瞬間、歓声をあげたくなると同時に、トーストにサラダや卵や
スパゲッティまで付いているのを見て、私は無言ながら、脳内で軽いパニック起こしていました。
紅茶がポットサービスで400円、これに無料でこんなに立派なモーニングがつくんですよ。
もう、紅茶の味がどうのこうのと御託並べる気力もなくなりますの。
シフォンケーキをトーストにすると、こんなに美味しいものなのね~
サクサクの歯ごたえとしっとり加減。初めての食感です。

表の看板に「自家製シフォンケーキが美味しいお店」と書かれているだけのことはあります。
b0263744_20372046.jpg

ディンブラは、ちゃんと美味しかったです。
特別な感じではなく、けれども丁寧にいれられた、こんな紅茶で一日が始まると
毎日嬉しいよね、という感じの味です。
しかも食べ終わると、梅昆布茶まで出してくれるのですよ。
なんというホスピタリティ。
すごく幸せな朝ごはんのひと時でした。

b0263744_20374582.jpg

お客さんは私以外全員、明らかに、地元の方々。
毎朝ここでコーヒーを飲みながら新聞を読んで過ごすであろうおじさんたちが、ほとんどでした。
その方々は、このお店が美味しい紅茶の飲める認定店であることを知っているような感じは
しませんでしたし、知っていたとしてもきっと、どうでもいいことなんだろうなあ。と感じました。
毎朝通う、自分にとっての大切な場所。なじみの1杯の味。
他人の価値観ではなく、自分の足と舌を使って自分の価値観で選ぶ、それこそが
大切なことなのだと思います。

毎朝ここで過ごしているであろうおじさんが、うらやましくなったりして。
b0263744_2038106.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2013-05-29 00:30 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

カンテGでちょいと、チャイとケーキ

大阪には行ってみたい紅茶屋さんがいくつもあったのですが、スケジュールの都合で
行けなかったお店がほとんどでした…(泣
そんなお店たちを差し置いて私が向かったのは、カンテグランデ中津本店。

ウルフルズの曲で、記事タイトルのように歌われているお店です。
このブログはウルフルズについて熱く語る場ではないので、あまり書くのも
アレなんですが、昔このお店で働いていたトータス松本さんがインタビューか何かで
カンテのことを語っていたのを見た時、作るスタッフによってチャイの味が
微妙に違うと言っていたのを覚えています。
そう、ここはチャイが有名なのです。
大阪では、「紅茶のムジカ、チャイのカンテ」とも言われているとか、いないとか。

地下に降りていくのですが、入り口のメニュー、植物たち、ポップな看板からして、
期待が高まります。

b0263744_13532145.jpg

数年前に梅田店に行ったことがあって、お店のテイストは知っていたのですが、
階段を降りたら予想以上のカンテワールド。
壁は一面ガラスで地下なのに明るく、開放感のある高い天井、広いフロアに植物や
オブジェがいっぱい、テーブルや椅子が一つ一つ違っていて。
どこに視線を投げてもすべて独特、カンテの魅力で溢れている。
お好きなお席へどうぞ、と言われて、あんなに迷うことってあるかしら。
選びにくい、どの席も座ってみたい、やばいこのお店好きすぎる!と
感動に打ち震えていました。

b0263744_14101275.jpg

光と植物がたくさん目に入る壁際の席に着き、ひとまず落ち着きを取り戻してから、注文。
むろんチャイは絶対外せませんが、メニューを見ると基本のチャイのほかに
6種類もバリエーションがあった。
いずれも気になったけれど、シンプルなチャイにしてみました。
入り口の階段に写真が張ってあったケーキがあまりに美味しそうなので、そちらも注文。
ちなみにスリランカ、インド、中国のお茶などのほか、その他ドリンクも様々ありました。

チャイと、レモンジンジャーケーキ!

b0263744_14165543.jpg

チャイは濃ゆいです。美味しいです。
インドで人々が1日に何度も何杯も飲む、そういう雰囲気の、日常に溶け込んだ味。
思ったほど甘くなかったので、ケーキの甘さとのバランスを取りつつ、
自分で砂糖を足したりしても。

b0263744_1475793.jpg

そしてレモンジンジャーケーキ。
梅田店でもカンテのケーキが美味しかったのは、実によく覚えているのですが。
一応(?)、紅茶ブログであるので紅茶メインに書きたいのですが、こうも美味しいケーキを
出されると、この美味しさをたっぷり訴えたくなって、本当に困る。
とりあえずこのケーキだけでも、東京で売ってくれないだろうか?と本気で思います。
ジンジャーのきつさはまったくなく、実に絶妙な効かせ具合。そして上のクリームまで絶品。

b0263744_149924.jpg

かなりの時間、まったりしてしまいました。
ここの滞在時間を短く削れば、違う紅茶屋さんにもう1軒行けたと思いますが、
もうそんなのどうだっていい、と思ってしまった。
このお店が東京にあったら、私は通いまくって大変だろうな。
お会計したら50円割引チケットを1つづりもいただきましたが、年内有効のこれが
使えないであろうことが、切ない。
至福ワールド、カンテグランデ。

4月の紅茶レッスンで使いましたダージリンは、実はカンテさんのでした。美味しかった♪
b0263744_14134179.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2013-05-19 18:50 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

ニルギリ ウィンターフラッシュ2013@Tea House MUSICA 堂島本店

訪問したけれどレビューを書いていない紅茶屋さんは数え切れないほどあるのですが、
書くのが面倒くさくて都合により、なかなかここにアップできていません。
が、ここだけは絶対に書かなければ。
大阪の Tea House MUSICA 堂島本店。

パルシックさんのアールグレイ発表イベントで堀江さんにお会いし、ムジカ本店に
行ってみたいな~(神戸店には行ったことがありました)、と思った4日後、
ムジカ本店で美味しいニルギリを飲み、堀江さんとお話させていただいていました。
思ったことをパッと行動に移す自分のフットワーク、ナイスw

ムジカさんは1952年、音楽評論家だった堀江さんのお父様が開店され、
当初はコーヒー中心だったお店を、紅茶輸入自由化となる1971年に先駆けて
1969年に現在のスタイルで紅茶のお店にされたのです。

b0263744_12543374.jpg

一歩お店に入って、感嘆のため息を何度吐いたことか。
店内には、歴史を重ねてきたであろう古いパッケージの紅茶缶やお茶道具などが
壁にぎっしりと飾られていて。
それはそのままお店の歴史をも物語っているのでした。
私が持っている本に写真の載っているリプトンの古いティーポット、すごく欲しいのですが
どこにもなくて、でもここにはその実物が2つも飾られていた!
もう博物館ですね、と私が言うと、紅茶輸入自由化の前から集めていますからね~と
店員さんが教えてくれ、堀江さんは微笑んでおられました。

慌しい関西訪問の夜、その日は京都に宿をとっていたりしてとにかく時間がなかったので、
もうここで夕飯をいただいてしまおう。
ということで選んだのは、サンドイッチセット。
迷った挙句、メニューの最初に載っている新入荷の紅茶4種のなかから、
ニルギリ ウィンターフラッシュ カイルベッタ茶園。
シシカバブのサンドイッチ。

b0263744_12255513.jpg

サンドイッチはパンが焼きたてで温かく、お肉の風味とサルサソースが食欲を刺激します。
チーズもたっぷりで、シンプルながら、いやシンプルだからこその美味しさ。
残さずがっつりいただいてしまいました。
さっぱり系の紅茶を合わせたい感じですね。

b0263744_12261441.jpg

そしてニルギリは、一月以上たった今でも、あれ飲みたい~!と思い出すほど
美味しかったですね。
すごく美味しいものをいただいたときは、言葉が感覚に追いつかない、けれどそれを
イメージするビジュアルが勝手に頭に浮かんでくることが、極々稀にですが、実際にあります。
この時がそうでした。
清清しい雪解け水と、清流と、雪を頂いた山脈、まぶしく澄んだ青空。
そんな絵が頭に浮かびました。

解説書をくださったのですが、それによれば、ウィンターフラッシュは12~1月の
ごく限られた時期に生産されたものです。
本来1年中茶ができるニルギリでなぜウィンターフラッシュというかというと、
カイルベッタ茶園はニルギリの中でも標高が高く、ダージリンと同じような製茶方法を
取り入れており、ダージリンが休みの冬にダージリンに負けない上質のお茶を
作っているという自負が込められているのでしょう、ということです。

b0263744_12264592.jpg

私は以前、ダージリンのマカイバリ茶園で冬に作られた希少なクリスタルフラッシュを
飲んだことがあるのですが(戦隊ヒーローものの必殺技みたいな名前ですねw)、
ダージリンがあまり好きじゃない私でさえ、飲んで1年以上経った今でも
忘れられないほど美味しかったのです。
そして、万人が同意するかは不明ですが、これら2つのお茶によって、標高の高い産地で
冬に作られたお茶がおそろしく美味しい、という認識ができてしまいました。
もっとこの条件に当てはまる紅茶を沢山いただいて、この認識が妥当なのか
見てみたいものです。

ところで、ムジカさんではすべての紅茶にミルクを出していただけるのですね。
私はどう考えてもこれにミルクを入れたくはないなと思ったのですが、
お願いしていないのに出してきたからには、これにミルク、意外に思うでしょ?
でも是非入れてみて♪ 奇跡と書いてマジックが起こるから♪ というお店からのメッセージか?
と妙な深読みをし、2杯目にミルクを入れてしまった…
うん。思ったほどアレではなかったけれど、やっぱり入れないほうが良かったです。
聞いたら、どの紅茶にも言われなくてもミルクを出してくださるのだそうです。
使うかどうかはご自由にとのことでした…深読み乙。
(その後東京でムジカさんの紅茶を出す紅茶専門店に行ったら、同じ
ミルクシステム採用していました)

b0263744_12294532.jpg

帰りがけには、イベントでお会いしてほどなくわざわざ東京から来てくださって
ありがとうございます、とおっしゃる堀江さん、ニルギリの茶葉を一袋くださって、
かえって申し訳なく恐縮しつつも、感激でした。
たまたま居合わせたムジカの常連さんに、これから京都に移動する私を
最寄の駅まで送っていくよう言い渡したりもしていただき(これから京都ですか?
大丈夫、彼が駅まで送っていくから♪ と突然指名された常連さん、明らかに「えっ!?」と
なっていたように見えますが、ちゃんと送ってくださいました。その上大阪の
紅茶屋さん情報もいただきまして、本当に感謝♪)、そのお気遣いにも感激でした。
大阪の夜、美味しい紅茶とともに、忘れられない思い出をいただきました。
堀江さん、お店の従業員さんたち、お客さんにまで親切にしていただき、言葉で
うまく表せないけれど、不慣れな土地で、揺らめくネオンの灯りを眺めながら、
とても温かい気持ちになった夜でした。

私が紅茶に夢中になるのは、紅茶が美味しいのはもちろんですが、紅茶に関わる人々に
人間的な魅力を感じるから、というのがかなり大きなウェイトを占めている、のが
この関西紅茶旅行で、よりはっきりわかりました。
そもそもジェームズ・テイラーの人間性に魅力を感じなかったら、今の私は
ありませんでしたから。
でも、東京ではあんまりこういうことを再認識させてくれるお店、ないような気がするのよね。
ドライなのか、オペレーション化されているためか、私が慣れきって見えていないだけか。

そんなこと思いつつ、今日もどこかのお店に1杯の紅茶を求めて、行ってくるのです。

b0263744_1354756.jpg

[PR]
by bestdropteaclub | 2013-05-18 13:30 | 紅茶のおいしい場所 | Trackback | Comments(0)

4月の紅茶教室、終わりました

GWの谷間、あわただしいのかゆったりなのかよくわからない感じの日のレッスン。
紅茶の基本がテーマの「紅茶のいろは」、どうにか無事終わりました。

とにもかくにも、基本をおさえなければ始まらない、ということです。
紅茶の原材料、他のお茶との違い、紅茶の種類などについてお話しし、
ゴールデンルールに基づいた紅茶の美味しいいれかたをマスターしていただきました。
これをしっかり身につければ、紅茶の世界がぐっと身近になることでしょう。

b0263744_15564476.jpg

習ったことは即実践、が大事。
世界三大銘茶のダージリン、ウバ、キームンを実際にいれていただきました。
とっても美味しくはいりましたよ~♪
味、香り、水色、どれをとっても、きちんといれるとこうも違うのか、ということを
感じていただけたみたいです。

そしてご自分たちでいれた紅茶で、ティータイム。
美味しさをかみしめながら、産地の違いを感じてみたり、違う紅茶を半分づつ、
あるいは3分の1ずつで割ってみたりという飲み方も。
クセの強いクオリティーシーズンもののウバが、他の紅茶と合わせると
とても飲み心地が良く、私も新しい発見をさせていただきました。

b0263744_15574024.jpg

ティータイムのお菓子は、サダハルアオキのパリブレスト。
実は他のお菓子をご用意していたのですが、あまりの可愛らしさに一目ぼれで、急遽変更!
母の日のスペシャリテで、期間限定、店舗限定、1日5台の数量限定と、限定尽くしの一品。
この日レッスンに来られた方は、とてもラッキーでした♪

b0263744_15554328.jpg

すてきなサロンで、とても良い雰囲気でのレッスンでした。
次回のレッスンは未定なのですが、今回参加できなかったので
同じ内容のものをやってほしい!等のリクエストも、可能な場合はお応えいたします。
(場所などは変更の場合もございます)

では、次のレッスンでまたみなさまにお会いできますこと、楽しみにしております♪
[PR]
by bestdropteaclub | 2013-05-03 16:15 | 紅茶レッスン | Trackback | Comments(0)


毎日を、紅茶と一緒に


by bestdropteaclub

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
金沢、2014
紅茶レッスン
スリランカへの旅2012
パンと一緒に
紅茶のおいしい場所
イベント
本日のお茶
愛しの紅茶道具
インド、2014
ネパール、2014
ブログ
Corpse Reviver
京都、2015
アフタヌーンティー
アドヴェント・ティー2014
Corpse Reviver
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

フォロー中のブログ

Cupotea 紅茶教室

最新のコメント

Best Drop Te..
by Micanda at 13:44
Micandaさん ..
by bestdropteaclub at 23:06
Best Drop Te..
by Micanda at 23:14
> まろんさま コメン..
by bestdropteaclub at 21:26
> キンポウゲさん こ..
by bestdropteaclub at 17:39
焼きたてスコーン、とても..
by キンポウゲ at 10:31
> キンポウゲさま お..
by bestdropteaclub at 19:23
お久し振りです^^ 壁..
by キンポウゲ at 18:01
> キンポウゲさん ダ..
by bestdropteaclub at 09:16
先日も楽しく勉強になるお..
by キンポウゲ at 23:09

メモ帳

最新のトラックバック

オペラ・ブッファの最後の名曲
from dezire_photo &..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

参加者募集♫ クリームティー..
at 2017-05-20 20:38
キーママタルとアイスチャイ@..
at 2017-05-14 12:20
ほうじ茶バゲットのサンドイッ..
at 2017-05-04 15:31
イースター、お茶とお菓子とレ..
at 2017-04-19 19:24
参加者募集♪ 「西荻のパンが..
at 2017-04-15 19:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
旅行・お出かけ

画像一覧